日本で唯一の屋根に椿の木を植えた店舗から作家、社長、杜氏である谷口英久が綴る抱腹絶倒の「Blog」
もういや、こんな生活。
15/Oct.2021 [Fri] 17:31
代車で借りた車のアンテナが伸びていて、これに気がつかずに家まで帰った。
家の入り口には大きなシュロの木があって、バックをした時にこのシュロの枝にアンテナが引っかかって折れてしまった。
うう、これはいけない。
気がつかずに乗って帰ったのだから、自分の責任だ。
しかしこの修理代も取られるのは辛すぎる。
家に帰ってからガッカリしていると妻がそれを見て「色々大変だね」と声を掛けてくれた。
「もう嫌、こんな生活。あたし、実家に帰らせていただきます」と言うと妻はそれが面白いと言って笑っている。
懐かしいなぁ。小松政夫のギャグで中学生の頃に流行った。
妻はこういうものをほとんど知らないので、何か言うとやたらと面白がって笑ってくれる。
でも、冗談でもこういうことを言って笑うと、気が晴れるから不思議だ。
ま、いいや、自分が壊したんだから正直に謝ってお金を払おう、と思った。
翌日になって修理工場の社長が車を取り替えにやってきた。
一通り直した箇所の説明をしてくれる。
そこですかさず「アンテナが折れちゃった。ごめんなさい」と自分の家の状況を説明しながら言ってみた。
社長は「ええーっ!」と言いながら「これじゃラジオが聞けないよ」とブツブツ言っていたけれど、許してくれたのか、それ以上のことは言わなかった。
走った分のガソリンは昨日入れておいたのだ。車検がいつ終わるのかわからないけれど、とにかくいつ来ても良いように、毎日入れておこうと思って、とりあえず昨日、二日分のガソリンを入れておいた。
アンテナの修理代は取られることなく、車検も終わった。
やれやれ、助かった。
正直に言うことは大切ですね。
人生何が起きるかわからない。その都度真剣に対処するしかない、というのが長く生きてきてわかったことだ。
そんなに大袈裟に言うか? って?  いやいや、これほどの真理はないですよ。下手に隠そうとすれば、後でことが大きくなって自分に返ってくる。その場を逃げるなんて、不器用な自分には考えられない。
というわけで今日からまた自分の車で家に帰れる。
comments (0) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
竜巻か突風か。
07/Oct.2021 [Thu] 15:27
先日の台風では工場の屋根を剥がされた。
突風が吹いたのかトタンが二枚、折り紙のように綺麗に折られている。
目立つところなので近所の人に「やれなあ」
と、言われる。
やれなあ、というのは、大変だなぁ、というような意味合いだ。
うちと、ここから50メートルくらい離れた床屋さんの軒先がやられて、他の家はなんともない。
風の経路があるのかな? とも思うけれど、自然のことはわからない。
でもこのくらいなら自分で修理出来るのでやれやれ、と胸を撫で下ろした。
今日、太陽が隠れていたので大急ぎで屋根に登って修理をした。直射日光は目に良くないので、日差しを避けたかったのだ。
屋根の被害は思っていたほどひどくもなく、一時間ほどで綺麗に直せた。
これで一安心。
以前は自分には修理なんて出来ないと思っていたけれど、何でもやってみるもんだなぁ、と思っている。
comments (2) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
季節が巡ってゆく。
28/Sep.2021 [Tue] 9:08
少し前までは蝉の声の中を歩いていたけれど、今は虫の音に包まれるようになった。
あれだけ鳴いていた蝉も勢力が弱まって、季節が変わったんだなと改めて思った。
今年も本当に暑くてクラクラしていたのに、もう今ではそんなことも昔のことのように思える。
窓を開けて床に着くと、虫の声に覆われて、どこか宙に浮いているような気分になる。
しかも今日は中秋の名月で青白い月明かりが斜めに部屋に注ぐ中で横になっている。
夏の疲れが溶けてゆくような気持ちになって、そのうち眠ってしまった。
もうすぐ仕込みが始まることを意識しているのか、仕込みの夢をよく見るようになった。
たいていは仕込みがうまくいかなくて、試行錯誤している夢だ。
昨夜は蒸留をしようとしているのに、ボイラーがうまく炊けなくて困ってしまった。
そのうちに蒸留するもろみ液が漏れてなくなってしまった。
苦労して作ったもろみが無くなったので、本当に困った。
せっかく虫の音に包まれて良い気持ちで眠ったのに、目が覚める頃にはこんな夢を見ている。
変なものだなあと思った。
comments (0) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
本当かなぁ?
04/Sep.2021 [Sat] 12:12
天気予報では明日は涼しくなるよ、と言っているけど、本当かなあ? と思った。
これだけ暑くて湿度も高いのに、すぐに涼しくなるとはとうてい思えない。
ツバキ城の屋根の低い方は、午後になると室温が30度を超えて、頭がジリジリ焼かれるように熱くなる。
午前中に焼酎の仕事を片付けて、午後は原稿を書きたいのだけれど、机に向かっても熱くて頭がボーっとしてくる。
そこでタオルを水で濡らしてそれを頭に巻いて原稿を書く。
それでもタオルはすぐに乾いてしまうので、今度は保冷剤を頭とタオルの間に挟む。
そんなふうにして小一時間仕事をするというわけだ。
暑さを我慢しながら仕事をしている人はたくさんいて、たとえば宅急便の配達をしているお兄さんも夏バテなのかどんどん痩せていくように見える。
それで「暑いのももう少しだよ。明日は涼しくなるって言っているよ」と話すと
「本当っすか〜?」
と言われてしまった。まるで信用していない顔つきで、そりゃそうだよな、と思った。
郵便配達のおじさんにもそう言うと、「まぁね〜」とこちらもまるで信じていない様子。
郵便配達もバイクに乗って一日中炎天下の中を走るわけで、暑くて大変だろう。
さあ、どうなるか? 涼しくなると良いなあと、思って翌日を迎えた。
やはりちっとも涼しくない。
湿度が高いのだ。
まぁね、そんなもんだよな、と思った。
と、思っていたら、涼しい風が時々吹いてきて、お、と思うとまた湿度の高い風が押し寄せてくる。汗が引いたり出たりの繰り返しだ。
山に歩きに行っても、涼しいところと暑いところがまだらに折り重なっている。
こうして少しずつ涼しくなっていくのだろう。
しかし困るのは一旦涼しくなってからまた暑さがぶり返すことで、こうなると慣れるのに時間がかかる。
仕込みに入るまでに少し体重を増やしておきたいけれど、夏は暑すぎて叶わなかった。
頑張れ〜。
comments (0) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
草が生える〜、と言われたけど、たしかに草が生えすぎだ。
03/Sep.2021 [Fri] 6:17
ツバキ城の屋根が草茫々でひどいことになっている。
目の手術で草取りが出来なかったのだ。
なんとかしなきゃ、とは思うのだけど、今は暑くて屋根に登ることができない。
と、思っているうちに草がどんどん伸びてひどいことになってしまった。
お化け屋敷のようで、毎朝見るたびに、ありゃ〜、と思う。
それで、少し日が陰っている日に意を決して屋根に登った。
屋根に登るだけでこんなに暑いのか、というくらい暑い。
草が伸びすぎて足元にあるはずの足掛けが、見当たらない。
ここは慎重に行かないと、屋根から落ちる危険もあるのでゆっくり移動してゆく。命綱も付けているけれど、宙ぶらりんの状態になると面倒なのだ。
草を刈って下に放り投げて行くけど、百合の花も咲いていて、これを避けながら草を刈るのはなかなか難しい作業だった。
夢中でやっているうちに気持ちが悪くなってきて、とりあえず今日はここまで、ということにした。
登ってから一時間半も経ってしまった。
完全ではないけれど、まぁ見た目はだいぶ良くなった。
お客さんが来て写真を撮っているのを見ると
「草ボウボウで恥ずかしいから撮らないでください」
とお願いしているけど、やっぱり撮っている。
仕方ないですね。
とにかく暑いので、気持ちが悪くなったら休まないと大変なことになる。
クーラーのない作業場で仕事をするのも大変だけど、屋根に登るのはもっと大変だ。
自然との共生が素敵です、などと言う人は、来て手伝ってください、と言いたいところだけれど、屋根に登って落ちたら骨折だけでは済まないだろう。
ま、あとはぼちぼち頑張ろう。
comments (0) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
屋根が綺麗になった。
12/May.2021 [Wed] 10:28
ツバキ城の屋根の修理をすることになった。
この何年か劣化が激しくて、芝が枯れて土が流れてしまっていた。
東西南北に張り出したツノも折れていて、それも直したかったけれど、なかなか出来ずにいた。
一昨年は台風で家の修理に追われ、昨年はめまいがひどくてそれどころではなかったからだ。
なにしろ急傾斜の屋根に登っての作業で、それに芝を植え替えるとなると、春しか出来ない。
実はこのあいだ三月にツバキ城の見学に来たいという藤森ファンの人から連絡があって、コロナ禍と建物が痛んでいるのでお断りをしたのに、その人は大勢の人を引き連れて強引に見学に来てしまった。
タクシーで乗りつけて、「見せてくれ」の一点張りで押し切られ、写真撮影も禁止だと書いてあるのに隠し撮りはする、大勢で狭い店舗に入らないでくださいと言っているのに結局はみんなで入ってしまった。
それで最後には「手入れが悪い」と呟いてしまった。
だからお断りしたのに、と思ったけど、それを言うと喧嘩になるし、まぁこういう人は割と来るので、まあまぁと穏便にお帰りいただいた。
しかし、やはりこのまま放置も出来ないなあと思っていたのである。
そこで阪本さんに手伝って貰ってまず東西南北に張り出すツノの製作を始めた。
材料は長野から栗の木を取り寄せてあったのでそれを刻めば良いのだけど、これが硬くて、しかも大きいので丸鋸でも切れないし、チェーンソーでも歯がダメになってしまう。
なんとか騙しだまし少しずつ切って形にした。
そんなことを二日にに渡って作業した。
焼酎の仕事の合間にやるのと、阪本さんの時間の余裕のある時でなければ出来ないので、これがなかなか進まない。
ところが最後の味付けというか、藤森建築のワイルドな味を出すためには曲面鉋で角を削らないと良い味にならないので、これをどうするか、ということで作業が止まってしまった。
鉋を買ってもこの作業でしか使わないので、じゃあ借りるか? と言っても近所で持っている人は誰もいない。
そうだ共同設計者の大嶋さんなら持っているか? と思って連絡をしてみるとちょうど引っ越したばかりで荷物の山の中のどこかにあるということ。
そんなわけでその曲面鉋が送られてくるのを待つ状態のまま日々が過ぎて行った。
その間になんだか目が見えなくなってきて、眼科に出かけたら、白内障が進んで
「見えないでしょう?」
と先生に言われたので、
「いつもサウナに入っているみたい」
と答えると先生は笑っている。
なにしろ眩しくて妻の顔がいつも輝いて見えるのだ。
もう手術をしないと治らないのだそうで、ありゃ〜困ったもんだと思いながら帰ってきた。
(つづくかな?)
comments (2) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
悔しいなあ。
15/Nov.2020 [Sun] 9:35
出かけた先で壱岐の焼酎を出された。
美味しいと思うから飲んでごらんよ、と言われた。
買った人にとっては思い入れのある焼酎なのかもしれない。
桐の箱に入っていかにも高級そうな焼酎である。
芋焼酎だということでグラスに少し入れてもらって
口に含んでみた。
まずいとも言えず、困った。
一口目はまだ飲めるけど、二口目はもう飲めない。
何か香料のようなものを使っているのかもしれない。
飲んだ後で気持ちが悪くなってくる。
こんなものをさも高級そうな箱に入れて売っているということが寂しくなった。
やっぱり真剣に造らなくてはいけないのだ。
どうしたらこんなものが出来るのか
それも知りたい。
悔しいなぁ。
本格焼酎のレベルを上げて、美味しくて身体にも良い焼酎を造ればもっと多くの人に呑んで貰えるのに、目先の売り上げだけを考えて
こういうものをさも高級そうに売ることで全体のレベルが下がる。
良いものを造ることは決して簡単ではない。身を削って、手間ひまをかけるから、本当の味わいが生まれる。
これは売りたくないなあ、というものを瓶詰めするから、次も買って貰えるのに。
本当に悔しくて、涙が出てくる。
本気で造ると、儲けは出ない。
手間隙が掛かりすぎて、人件費も出ない。
でも、やっぱり、呑んで美味しいなぁ、というものを造らなければ、と思う。
バカな奴だと思われても良い。
本当に美味いと思ってくれる人がいることに誇りを持ちたい。
それだけが自分を支えている。
仕事をしているモチベーションはそれだけだ。
comments (2) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
屋根に登ることは一番の筋トレ。
09/Nov.2020 [Mon] 21:57
身体をスキャンする測定器に乗って
身体測定をしてもらった。体脂肪は13パーセント。
体重が減ったことで上半身の筋肉は落ちてしまいほとんどないことがわかった。
めまいがひどくて寝ていたことが原因だろう。
その後で努めて歩くようにしたので足の筋肉は付いているという。
問題は上半身で、胸、腕の筋肉をまず付けなければ、とお医者さんに言われた。
何か運動をしているか? と聞かれたので毎日歩いていると言うと、それならその時に両腕にペットボトルを持って歩くといいと教えてくれた。
500ミリでも結構重いんですよ、ということだった。
それでペットボトルを二本用意して
(こういうものをふだん飲まないので
手に入れるのも一苦労した)
それに水を入れて歩く時に持つようにした。
お医者さんの言う通り、たったこれだけのことでも
初めの2、3日は疲れて腕が震えた。
震えるということは筋肉が付いているということで
それから毎日、ペットボトルを両腕に持って歩いた。
筋トレに効果があるのは仕事をすることが一番である。
あとはツバキ城の屋根に登れば、傾斜がきついので
足も腕も体幹の筋肉も使う。
今年は暑かったせいもあり屋根に登って草取りもしなかったので
草が伸びてひどいことになっている。
本当にやることが満載で、それにもう仕込みの
準備も始めなくてはならない。
仕込みの夢を見るようになったので
身体と脳もその準備をしているらしい。
秋も深まってきて、虫の声が途切れ途切れに聞こえる。
とりあえず今日はツバキ城の屋根に登って
草取りをした。久しぶりで緊張した。
終わってから身体が震えて、妙な感じだ。
comments (x) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
風の吹く庭。
16/Sep.2020 [Wed] 13:55
八月に入ってすぐ、新島のM原さんから
電話があった。
朝早くの電話だったので、何があったのか? 心配しながら
電話に出た。
八丈島の磯崎さんが亡くなられた、という事で
それを伝えてくれたのだった。
磯崎さんは東京七島酒造組合の同じ組合員だった。
六年前だったか、突然、酒造を辞める旨を
東京七島新聞に掲載して、それを見せられる形で
組合からの退会も知らされた。
驚いたけれど、磯崎さんらしいやり方で、
異物を飲み込むようにして時間をかけて納得をした。
磯崎さんは後継者もいないし、その仕事を継ぐ時に
父親から「蔵はお前の好きにしていい」ということを言われた
ことから、廃業を決めた、という。
それからしばらくして、八丈島の磯崎さんに会いに出かけた。
必要な器械があれば譲るから遊びがてら見にこい、ということで
日帰りで羽田から飛行機に乗って出かけた。
醸造の規模が大きくてうちで使えるような器械はなく
最初から貰うつもりもなかったけれど
磯崎さんの顔を見たくなって出かけた。
ぶっきら棒で口が悪く影で磯崎さんのことを悪くいう人も
多かったけれど、ぼくは磯崎さんのことが好きだった。
造りに対しては真摯で、変わり者同士気が合ったのかもしれない。
磯崎さんの造る焼酎も骨太な中に繊細な味があって好きだった。
初めて組合の旅行に参加した時に磯崎さんにお酒を注ごうとすると
「要らねえ」
と言われたので
「俺の酒が飲めねえのか?」
と笑いながら言うと、周りの人が青ざめた様子で
「よせ、タニグチくん」
と言われたことがあった。
組合の旅行ではたいてい磯崎さんと誰かが喧嘩になるらしく
そう言うきっかけを作るな、と言われたらしかった。
でもぼくには喧嘩をするつもりもないし
言葉に剣がなかったからか
磯崎さんも笑って、グラスを差し出した。
そんなことで仲良くなった。
それでも言いたいことは誰かれ構わずズケズケ言うので、
やっぱりこれではよく思わない人も多いだろうな、と
磯崎さんのことを見て思った。
八丈島の磯崎さんの蔵に伺うのは初めてのことで
蔵の中で器械を見せてもらった後で
工場の裏に作ったと言う自慢の庭を見せてくれた。
自分で好きな木や植物を植えた庭で、時間がある時は
そこで過ごすのが唯一の磯崎さんの憩いだった、という。
磯崎さんの言う通り、居心地に良い風のよく通る場所で
二人でその庭を眺めながら、ゆっくりした。
心臓が悪いのでこれからはゆっくり養生するんだ、と
磯崎さんは言った。
磯崎さんは自宅で一人で亡くなっていたらしい。
亡くなってから何日か経っていたらしく
電話でそれを聞いてから寂しくなった。
ぼくも磯崎さんに似ているところがあり
彼が亡くなったことを聞いて
身につまされるものがあった。
あの蔵も壊してしまった話は人づてに聞いたけれど
庭はどうしただろう? と思った。
時が過ぎて行けば、すべては変わって行くものだけれど
組合の中でも、磯崎さんのことを話す人も少なくなった。
心臓の発作で倒れてそのまま亡くなったのか
詳しいこともわからないままとなってしまった。
いつか機会を作って、また八丈島に出かけたら
磯崎さんのあの庭のあった場所とお墓を訪ねてみたいと思っている。
寂しいことだけれど、仕方がない。
磯崎さん、安らかに眠ってください。
comments (0) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
アナログっぽいのが好きらしい。
22/Aug.2020 [Sat] 13:09
永く使っていたパソコンは
Windows7の終了問題で使えなくなってしまった。
少し前の話である。
そんなこともあってこの日記の更新に使う
文章が書けなくなってしまった。
なんとかしなきゃ、と思いつつ
やれ家の雨漏りだの、胃が気持ち悪いだの
まあ、色々なことが起きてくる。
それでパソコンは放置してあったのだけれど
考えてみるとiphoneを使っているので
Windowsでは互換性がなく面倒だということになった。
それならMacBookでも買えば良いけれど
妻のお古となったiPadがあるので
これを使って日記が書けないか? と考えた。
しかしiPadはキーボードがないので使いにくい。
何か良いものがないか? と思っていると
マジックキーボードというものがあるらしい
ことがわかった。
しかし、こういうものは現物を触ってみないことには
わからない。
今はコロナの影響で、Appleも休みだし
(この原稿を書いたのが四月ごろの話である)
第一東京にも出かけることができない。
ということで、さらに放置して、時間が経ってしまっていた。
(ここまで書いてこの原稿もそのままになっていた)
それでどうしたか? というと妻の使っていたお古のキーボードを見つけた。
「これはつかえるの?」と聞いたらあっさり使えることがわかった。
ブルートゥースをオンにしてキーボードを近づけると
お互いに信号を出し合って、iPadの画面に数字が表示されるのだそうだ。
それをキーボードで打てば良いということ。
デジタルだけど何だかものすごくアナログな感じがして
楽しくなった。
昔の道具なので使えるだけマシということなんだろう。
とにかくそれで日記の原稿が書けるようになった、というわけである。
だからまたくだらない話をこうして書いている。
皆さんおめでとうございます。
これからもよろしくお願いします。
comments (0) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
<<<<< 2021,Oct >>>>>