日本で唯一の屋根に椿の木を植えた店舗から作家、社長、杜氏である谷口英久が綴る抱腹絶倒の「Blog」
それぞれがプチ刑事
08/Oct.2021 [Fri] 10:47
乗っている車が車検になって、修理検査のあいだ、代車を借りることになった。
車に関しては新車は買ったことがなくて、いつも中古車を探して貰って乗っている。
探して貰うので車種も選べないし、車の色も選べない。
自分の希望する金額を告げるだけだ。
新車を買うほどお金に余裕があるわけでもなく、欲を言えばキリがない。
それに焼酎の瓶を運ぶためには軽のボックスカーでないと都合が悪い。新車の軽でも今は高いし、それに大島は塩ですぐに錆びる。
車もよくぶつけるので、新車をぶつけたり擦ったりするとショックも大きい。
そんなわけで中古車にいつも乗っているというわけだ。
昔は人が廃車にしようとしている車を貰って乗っていた。
しかしそういう車は修理代も掛かるので、まあ程度の悪くない中古車を買うことに落ち着いた。
歩くのは好きだけど、大島では車がないとどうにも仕事にならないからだ。
今乗っているのはスバルのボックスカーでこれは力があって気に入っている。
オートマも好きではないので、マニュアル車を探して貰ってそれを買った。
島は坂道が多いので、そういう道でもトップで走れるような車となると、選択肢は限られてくるわけだ。
それで代車はスズキエブリのオートマを借りた。ところがこの車は力がないし、燃費も悪い。まあ何日かの我慢なので、これに乗っている。
すると早速隣のおじさんがやってきて「車はなぁしたアよ?」と聞かれた。
つまりどうして車が変わったのか、ということを聞かれたので、車検で代車を借りたんだよ、と説明した。
山を歩いているとよっちゃんが車でスルスルっと寄って来て、「車が違うからいないのかと思った」ということ。
ムカゴを採ったから工場に寄ろうとしたけれど、車が違うので躊躇したのだそうだ。
みんなよく見ているなあ、と感心した。
田舎は人に見られているから嫌だ、という人もいるけれど、こうしたちょっとした変化に敏感だからこそ、犯罪も防げる。
みんながプチ刑事になることで近所の人の動向を知ることが大切なのだ。
そんなわけで無事にムカゴを貰った。今季初めてのムカゴだ。
車はもう八年も乗って、次の車検は「どうかなぁ?」と修理をしてくれているおじさんに言われた。
今乗っている車はすでに廃盤で、マニュアルで力のある軽となるとなかなか無いということ。
ま、どうにかなるさ。
心配しなくとも世の中には車は沢山ある。
ただ自分のこだわりがあるとその選択肢が狭まるというだけだ。
自分で選べないのだから来た車を乗りこなすしかない。
なんでもそうだよな、と思った。
お金に余裕があるのなら別だけど、そうでなければ我慢をして慣れるしかないのである。
あと二年の間に次の車を探すこと。
楽しみが増えたと思って探すことにした。
comments (0) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
髪の毛が不自由なわたし。
25/Sep.2021 [Sat] 9:08
このあいだ、機械を修理するための道具入れが欲しいと思ってホームセンターに行った。
もう少し大きい方が良いんじゃないかなぁ? と思いながら小さめのバッグを見ているところに
「コンパクトだけど、そこそこ入る!
コンパクトツールバッグ」
というコピーが書いてあって唸ってしまった。
まさに買おうとしている人が考えていることを代弁しているかのようなコピーだったからだ。
ひとつ上のサイズだと大きすぎるしバッグ自体が重くて持ち運ぶのに不便だと思った。
それでこの小さめのバッグを手に取って見ていたらこのコピーが書いてあったというわけである。
それを買って帰ってから道具を入れてみると確かに小さいけれど色々入って使いやすい。
これは良いものを買った、と満足した。
もうひとつ、
「抜け毛は何もしないと抜け続ける。」
と、電車に乗ったら書いてあった。育毛ケアの宣伝である。
気にしている人の心には刺さるのだろう。
ぼくの抜け毛はもう度を越して、ほとんど無いに等しいので、バリカンで坊主にした。
頭の上に小さなウィッグを付けるのも面白いだろうな、と思っている。
汗をかいたら人前でそれを外して、「暑いですね〜」と言いながら額の汗を拭くと面白いだろう。
友人のオカムシにそのことを話すと喜んで「やってくれ」と言われたのでその気になっている。
今度ぼくを見かけたらぼくの頭をよく見てくださいね〜。
ではでは。
comments (0) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
台風が迫ってきている。
12/Sep.2021 [Sun] 13:54
また暑さがぶり返してきた。
今日は屋根の修理をしたいので、この暑さは堪える。
日差しが強いので汗をみっちりかくだろう。
昨日、急に空が暗くなってきたと思ったら、ものすごい雨が降ってきて、それが何時間も続いた。
前から直さなきゃと思っていた箇所から雨が漏れ出して、大きな台風が来る前になんとかしよう、と思ったのである。
修理の仕方はわかっていて、道具も揃えてある。
コンクリートの屋根でも、ステンレスの板の屋根でも、一通り修理の仕方を覚えた。
ほとんど独学だけど、試行錯誤をしているうちに分かったというわけである。
あとはやる気ですね。
さあ、梯子を屋根に掛けて、登ろうとしていたら、オカムシがやってきた。
何か用があるわけではなく、単にお茶を飲みに来たらしい。
じゃあまぁ、お茶でも飲もうか、ということになって、ずるずると話をした。
10分くらい、と思っていたのにあっという間に小一時間が経ってしまった。
いつものくだらない話である。
そんなことをしているうちにお昼になりそうで、慌てて屋根に登った。
暑くならないうちに、やってしまおうと思っていたのに、もう屋根の鉄板は熱くなって、目玉焼きが出来そうなくらいだ。
オカムシにも手伝ってもらおうと思っていたら「あっ、俺帰らなきゃ」と言って帰ってしまった。
オカムシは灯油も売っているので、「俺は油を売るのは得意」なんだそうだ。
やれやれ。
今年はひどい台風がどうか来ませんように。
comments (0) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
初めての出来事。
08/Sep.2021 [Wed] 13:34
PCR検査をした。
白内障の手術を受けるためには、まずこの検査をしなければいけないのだという。
指定のプラスチックの容器に唾液を2c c入れなければ検査が出来ないらしい。
病院の、元は廊下だったところをビニールで遮り、そこにパイプ椅子が並べて置いてある。そこに座って唾液を出すらしい。
こうして書くとものすごく変なことをしているように思えるけど、やっている本人は必死なのでそんなことにも気がつかない。
看護師さんは腕の太いごつい人で、この人にはいつも小言を言われる。
本当は家で唾液を入れてくるはずだったらしいのに、ぼくが空手で病院に来たので、仕方なくこの部屋に入れてくれたのだそうだ。
「聞いてますか? タニグチさん?」と言われて「聞いていますよ」と答える。
この人に逆らって首でも締められたらすぐに気絶しそうなので、いつも素直に聞くことにしている。
「じゃあこの容器に唾液を入れてくださいね。大変だと思うから五分したらきますから」
と言われた。
説明の用紙も渡されて、「梅干しかレモンを食べる想像をしてください」と書いてある。
「いや、一分もあれば充分ですよ。唾液の量は多いんで」
と答えると
「じゃあ一分後に来ますから」
と言われる。
ところがやってみるとこれがなかなか難しいことがわかった。
唾液は泡が多くて、液体はなかなかたまらない。
始めのうちは勢いよく出ていた唾液もすぐに出なくなってきて、一分ではまるでたまらなかった。
「どうですか?」
と聞かれて
「ぜんぜんダメです」
と答えると
「ほーらね。だから難しいって言ったのよ」
とまた言われてしまった。
それが前回で、今回は二回目の検査のために、またしても唾液を容器にためなければならない。
今日は自宅でやることになった。
それなら何分掛かるか、タイマーで測ってみることにした。
五分くらい掛かるかな? と思ってやり始めると、これがまた大変で、全然たまらない。
さあ、何分掛かったでしょう?
正解は9分35秒。
うーん、ずいぶん掛かりましたね。
人生は何が起きるかわからない。
白内障になる日が来ることも予想出来なかったけれど、唾液を容器に入れることも予想出来なかった。
明後日は二回目の手術だ。
うまく行きますように。
(七月に書きましたが今頃の掲載となりました)
comments (0) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
ごめんね、ごめんねー。
20/Jun.2021 [Sun] 14:33
アボカドの実をよく食べる。
キュウリが美味しくなってきたのでこれを細く切って、トマトも加えてオリーブオイルと塩で食べる。塩は阪本さんの塩でこれがまた美味しい。
このあいだふと、そうだ、このアボカドの種を植えて育てたら楽しいんじゃないかなあ、と思った。
近所のガソリンスタンドのよしあきさんがアボカドの種から育てて大きな木になりつつあるのを見せて貰ったのだ。
よしあきさんはそのアボカドの木を大切にしていて、見せてくれるときも「ほら、かわいいでしょう?」というふうに見せてくれた。
それで自分もやってみる気になったのである。
よしあきさんが言うには種に爪楊枝を3箇所刺して、その半分を水に浸けておくと根が出てくるという。
それでやってみたけれど、いくら待っても一向に根はでてこない。
変だなあと、思って妻に聞いてみると、「これ上下が逆さまじゃないの?」ということ。
たしかに言われてみればそんな気もする。種の尖った方を水に浸けていたけど、そうじゃなくて平な方から根が出てくるんだ。
そうかこれじゃあ根も出てこないよな、と思った。
ごめんねごめんね〜、と種に言って、平らな方を水に浸けた。
さあ、根が出るかどうか、その日を心待ちにしている。
comments (0) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
ムカデの季節
09/Jun.2021 [Wed] 14:41
土の入っている袋の中に手を入れたら何かに噛まれた。
右手の中指をぐるっと抱き込むようにして針のようなもので刺された。
慌てて手を引っ込めたけど、これは危ない。
姿は見えないけれどムカデか何かだろう。
指はすぐに腫れてきて、こりゃ大変だ、梅干しはなかったか妻に聞くとないという。
オカムシのところにはないか電話をしてみると
「ないけどね、ムカデに刺されたら50度以上のお湯に10分くらい指を浸けておくと毒が中和されるからやってみ。熱いけど我慢してやると治るよ」
ということ。
そこで湯呑みにお湯を入れて温度計で測りながら指を入れる。
すでに指はだいぶ腫れてきて、関節が曲がりにくくなってきている。お湯はたしかに熱くて、入れたり出したりしながら我慢をした。刺されたところがじわじわと痛む。
途中で役場の水道課の人が来て、事情を説明して湯呑みに指を入れたまま外に出て話を聞いた。
ムカデは怖い、指を刺されても腕全体が腫れあがるとその人も言っている。
そんなわけで20分くらい指をお湯に入れておいた。
痛みがだいぶ引いてきて、おお、これならなんとかなるんじゃないか、と思った。
その間に隣の家に梅干しが無いか聞いてみると、おじさんはちょうどお昼を食べているところでモグモグしながら梅干しをくれた。それを患部に付けて過ごす。効いているなぁ、と実感する。
まだ、腫れているけれど、指も曲がるし、腫れもさっきよりは引いてきたように思った。
オカムシから電話がかかってきて、「どう?」ということ。
「だいぶ良いよ」
と答えると
「梅干しよりは効くはずだ」
ということ。
いや、オカムシちゃん梅干しも効くんだよ、と言うけどまるで信じていない様子。
夜になるとまだらに腫れていて、
痛みや傷に効く泥を塗った。この泥にはなんと言ったか、そうだトルマリンという石の粉が混ぜてあって、傷には抜群に効くのである。
さあ、明日はどうなるか、治ると良いな、と思いながら寝た。
comments (0) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
セーラー服を着たおじいさん
29/May.2021 [Sat] 9:33
セーラー服を着たおじいさんにとても親切にしてもらったよ、と妻が帰って来るなり言った。
荷物をたくさん持って歩いていると、そのおじいさんが荷物を持ってくれたのだそうだ。
おじいさんコスプレしていたのかな? と言ったらおじいさんじゃなくて「お嬢さんだって言ってるでしょ? 」と妻は言う。
どうも耳がおかしいらしい。
今朝はラジオを聞いていたら「自己満足の父」と言われる作曲家がいてその人の曲を今から流すと言っている。
「へぇ〜、自己満足の父でもこうしてラジオから曲が流れるのか?」
と言ったら
「チェコ音楽の父」だよ、と妻に言われた。
ま、でも、面白い耳になったので朝から楽しめる。耳というより脳の問題かもしれないな、と思った。
comments (0) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
楽園を探して歩く。
09/May.2021 [Sun] 6:53
ゴダイゴにガンダーラという歌があって
ときどき聴く。
そこに行けばどんな夢も叶うという場所、そこがガンダーラ。誰もが行きたいけれど遥かなる遠い世界、誰もたどり着けない場所、という歌詞だ。
若い頃はそんな場所が本当にあるのか、
あるのなら行ってみたいと思っていた。
ここではないどこかを夢見て
世界中を旅して歩きたいと思った。

旅をすることは楽しいけれど
辛いこともたくさんある。
まず言葉がわからない。
スリに何かを取られたり、
入った部屋が汚かったり、
親切を装って騙されることもよくある。
出かける前には山ほど仕事を片さなければならない。
けれども、旅はそれ以上に楽しい。
旅に出て友人もたくさん出来た。
けれどもガンダーラのような楽園はまだ見つかっていない。
本当はそんな場所はないのである。
ここが楽園なんだ。
自分のいる今、この場所が楽園なんだ。
お金がなくても住む家がみすぼらしくても構わない。
ぼろぼろの服を着ていても構わない。
それと幸せは結びつかない。
幸せは自分が決めることで
それを見つけるためにあちこち探す必要もない。
なりたい、と思う自分を追いかける必要もない。
自分の今の境遇を見つめて
「もっとこうしよう」
「あれもやりたい」
「この人生を変えたい」
といつも考えていた。
しかし、もう十分に幸せなんだ。
やりたいことがあるのならやれば良い。
でも今のままでも十分に幸せなんだ。
そんなことを言っている本や歌がたくさんあるけれど
読んでも聴いても、頭の中で空回りするだけで
本当の意味がわからなかったのである。
どうしてわかったのか、というと肩が痛くて苦しんでいる時は
自分を取り巻く環境が地獄のように思える。
ところが痛みが引くと天国のように感じる。
つまり、自分がそれを決めていたのである。
分かって良かった、と心の底から思った。
comments (0) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
停電の夜
20/Mar.2021 [Sat] 6:17
家に帰ると電気が点かない。
今日は早く帰ってきたので少しゆっくり出来るなと思ったのだけどこれは困った。
姉に電話をして聞いてみると四時半くらいから停電になってしまったらしい。
暗くなってきたのでロウソクに火を灯して、寒いのでガスボンベのストーブで暖を取った。
エアコンは便利だけどこういうことがあるので他の設備も用意してある。
外はどんどん暗くなって、とうとう日が暮れてしまった。
こりゃだめだ、囲炉裏に火を入れよう。ガスは点くし、水道も出る。電気が無くて困るのは風呂に入れないことだ。
主な燃料は灯油だけど電源がないとボイラーが炊けない。
炭を火起こしに入れてガスで火をつけた。
ものすごく静かで、流しから水滴の垂れる音が聞こえる。それから炭のはぜる音と共に炭の匂いが闇に広がってゆく。
ロウソクの灯りだけではほとんど見えないので懐中電気をつけて必要なことをする。
六時を過ぎてもまだ電気は来ない。妻にご飯を作ってくれないか聞いてみる。
ブロッコリーを茹でてツナのサラダを作るつもりなんだそうだ。
懐中電灯の光の中で鍋の湯気が盛り上がる。火山の爆発のようだ。
停電はこの近辺だけらしく、道を隔てたすぐ上は街灯も点いている。
しかし困った。
もう来るか、と思いながら電気を待つけど、来ない。
いつ頃復旧するのか東電に電話をしてみたけど、調査中だということだけで埒があかない。
囲炉裏の前で寝転がってぼんやりする。寝てしまいそうだ。
お風呂に入りに温泉に行こうか? と思いまだやっているのか温泉宿に電話をしてみた。
一軒はものすごく感じが悪く、その応対にびっくりする。
三原山の上にある温泉はまだ入れるということで、車で行ってみることにした。
混んでいるとコロナ感染が怖いけど空いているということ。
車で小一時間走れば着く。
わーい温泉だ。たまには良いよね、と妻と話す。
ところが山を登り始めると霧が出始めて道が見えない。
ホテルがどこにあるのか、その入り口も見えないくらいの霧となってしまった。道の両端にある反射板を頼りにのろのろと走った。一度温泉の入り口と間違えて、変な道に入りそうになって慌てた。バックをしようにも何も見えない。かと言ってUターンが出来るほど広くもないからだ。こんなところでU字溝にでもタイヤがはまれば身動きが取れなくなる。危なかった。
こんな日もあるよね、と妻と話した。
comments (2) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
いやはやおじさん今日も奮闘。
04/Mar.2021 [Thu] 15:49
エアコンの修理の人が東京から来てくれた。
こちらの仕事が終わるのを待ってもらい、帰る時間に合わせて家の前で落ち合った。
急いで家の中を片付けて玄関にスリッパを揃えて、家に入って貰った。
「あ、恐れ入ります」と言って修理の人はそのスリッパを履いた。
マスクをしているのでわからないけれど若い男の子というような風情である。
「エアコンはどこに?」と聞かれたので正面の部屋を指して「あそこです」と言った。玄関から板の間が続き、そこに食卓がある。障子を隔てて畳敷きの六畳間があって、そこに設置してあるエアコンが壊れたのだった。
修理の人はそのままスリッパを脱がずに畳の部屋まで入ってしまった。
(あれ? 慌てているのかな? )と思ったけれど、そういう様子でもなくスリッパは脱がないまま部屋の中を歩き回っている。
そうか、畳の部屋ではスリッパを脱ぐことを知らないんだ。
日本に来る外国人ならマナーも勉強していて、靴を脱いで玄関から入る。畳の部屋ではスリッパを脱ぐことも知っている人が多い。
多分この修理の人は畳のないマンションの家で育って、そういうことも知らないのだろう。
「ここまで来たか」と思ったけれど、面白いものを見た気持ちがした。
文化やしきたりはどんどん変わる。畳のない家で育てばその使い方や作法だって知らなくて当然だろう。
いやびっくりしたな、もう。
若い人がこれを読めば「何言ってんだ。このオヤジは?」ということになるんだろう。
まさにいやはや、という気持ちである。
世の中はどんどん変わっていく。
こんな田舎に住んでいてもそれを実感することが起きて、文化の違いに驚かされる。
なんでも対処していかなければいけないんだろうけど、まさに(いやはや)という気持ちだ。
いやはやおじさん、頑張れ〜。
comments (0) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
<<<<< 2021,Oct >>>>>