日本で唯一の屋根に椿の木を植えた店舗から作家、社長、杜氏である谷口英久が綴る抱腹絶倒の「Blog」
とにもかくにも応急措置。
07/Oct.2020 [Wed] 13:38
ツバキ城の二階の窓の桟が腐っていることに気がついた。
ここは水が掛かるので腐りやすいんだろう。
なにしろ毎朝晩、屋根から水を撒くのである。
腐っていることに気がついてからも自分の具合が悪かったので
放置してあったけれど、台風が来ると水が中に入り込むので
修理することにした。
大工さんに頼めば良いと思っていたけれど
大工さんは忙しくてなかなか来てくれないのである。
それで自分で応急措置だけでもしてみようと
思い立った。
ちょうど良さそうな材木の切れ端をあてがってみると
これがうまくはまりそうだった。
それならと思ってノコギリで切って、ネジで止めてみると
あら不思議、直ってしまった。
少なくとも窓の開閉はできるようになった。
気を良くして、次の日は外からの修理をしてみた。
水が掛かっても良いように、桟を漆喰で塗ってみようと思った。
漆喰では弱いので、そういう時には
これが効くんですね。
エクセルジョイントというのだけれど、固まると水にも強く、強度もある
万能の商品である。
これをボンドで溶いて、コテを使って塗ってゆく。
うまくいった。
しばらくは大工さんを頼まなくても大丈夫だろう。
また台風が一つ生まれたらしい。
九州に行くか、という予報だったけれど
やっぱりこっちに向かってくるという。
そうでしょうね。
大陸の高気圧に押されて、元気よくこっちに向かってくるのだろう。
嫌だけど仕方がない。
壊れたらまた直そう。
大工仕事もずいぶんできるようになった。
応急措置で良いんだ。
一生、それでやり通すことだってできる。
人生応急措置。
良いなあ、このフレーズ。
左右の銘はなんですか?
人生応急措置。
なにしろ笑えるのが良い。
comments (2) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<<<< 2020,Oct >>>>>