日本で唯一の屋根に椿の木を植えた店舗から作家、社長、杜氏である谷口英久が綴る抱腹絶倒の「Blog」
竜巻か突風か。
07/Oct.2021 [Thu] 15:27
先日の台風では工場の屋根を剥がされた。
突風が吹いたのかトタンが二枚、折り紙のように綺麗に折られている。
目立つところなので近所の人に「やれなあ」
と、言われる。
やれなあ、というのは、大変だなぁ、というような意味合いだ。
うちと、ここから50メートルくらい離れた床屋さんの軒先がやられて、他の家はなんともない。
風の経路があるのかな? とも思うけれど、自然のことはわからない。
でもこのくらいなら自分で修理出来るのでやれやれ、と胸を撫で下ろした。
今日、太陽が隠れていたので大急ぎで屋根に登って修理をした。直射日光は目に良くないので、日差しを避けたかったのだ。
屋根の被害は思っていたほどひどくもなく、一時間ほどで綺麗に直せた。
これで一安心。
以前は自分には修理なんて出来ないと思っていたけれど、何でもやってみるもんだなぁ、と思っている。
comments (2) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
<<<<< 2021,Oct >>>>>