日本で唯一の屋根に椿の木を植えた店舗から作家、社長、杜氏である谷口英久が綴る抱腹絶倒の「Blog」
もういや、こんな生活。
15/Oct.2021 [Fri] 17:31
代車で借りた車のアンテナが伸びていて、これに気がつかずに家まで帰った。
家の入り口には大きなシュロの木があって、バックをした時にこのシュロの枝にアンテナが引っかかって折れてしまった。
うう、これはいけない。
気がつかずに乗って帰ったのだから、自分の責任だ。
しかしこの修理代も取られるのは辛すぎる。
家に帰ってからガッカリしていると妻がそれを見て「色々大変だね」と声を掛けてくれた。
「もう嫌、こんな生活。あたし、実家に帰らせていただきます」と言うと妻はそれが面白いと言って笑っている。
懐かしいなぁ。小松政夫のギャグで中学生の頃に流行った。
妻はこういうものをほとんど知らないので、何か言うとやたらと面白がって笑ってくれる。
でも、冗談でもこういうことを言って笑うと、気が晴れるから不思議だ。
ま、いいや、自分が壊したんだから正直に謝ってお金を払おう、と思った。
翌日になって修理工場の社長が車を取り替えにやってきた。
一通り直した箇所の説明をしてくれる。
そこですかさず「アンテナが折れちゃった。ごめんなさい」と自分の家の状況を説明しながら言ってみた。
社長は「ええーっ!」と言いながら「これじゃラジオが聞けないよ」とブツブツ言っていたけれど、許してくれたのか、それ以上のことは言わなかった。
走った分のガソリンは昨日入れておいたのだ。車検がいつ終わるのかわからないけれど、とにかくいつ来ても良いように、毎日入れておこうと思って、とりあえず昨日、二日分のガソリンを入れておいた。
アンテナの修理代は取られることなく、車検も終わった。
やれやれ、助かった。
正直に言うことは大切ですね。
人生何が起きるかわからない。その都度真剣に対処するしかない、というのが長く生きてきてわかったことだ。
そんなに大袈裟に言うか? って?  いやいや、これほどの真理はないですよ。下手に隠そうとすれば、後でことが大きくなって自分に返ってくる。その場を逃げるなんて、不器用な自分には考えられない。
というわけで今日からまた自分の車で家に帰れる。
comments (2) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
<<<<< 2021,Oct >>>>>