日本で唯一の屋根に椿の木を植えた店舗から作家、社長、杜氏である谷口英久が綴る抱腹絶倒の「Blog」
どっちも嫌。
06/Nov.2021 [Sat] 6:40
秋も深まっているというのに寝ている間に蚊に何度も刺された。
足の中指の先で、たぶん掛け布団から出ていた足の先を吸われたのだろう。
指の先は刺されると痒くてたまらず、しかし起きてキンカンを塗るとそのあと目が冴えて眠れなくなるので、我慢をして寝ていた。
悔しいけど、どうにもならない。
蚊取り線香を炊くと、煙いし、よく効く殺虫剤は人間が吸っても危ないだろうから使いたくない。
何か良い方法はないだろうか、と思って、そうだ、クモさんに来てもらおう、ということになった。
家の中にはアシタカグモというとんでもなく大きなクモがいて、虫を捕獲してくれる。このクモは巣を作らないかわりに自分が動いて虫を捕獲する。
ゴ○ブリでさえ捕獲してしまうので、我が家ではこのクモを大切にしている。
しかし大きいので寝ている間に近づいてくると、畳の上を這う音が激しく聞こえて恐ろしい。
障子の上を這うときも、ものすごい音がする。
トイレで座っていても、近づいてくるとやはりドキドキする。
しかし蚊に食われるよりは良いだろう。クモが人を噛むことは絶対にないのだ。
それで何日か寝室のドアを開けておいたら、きました。
アシタカグモさんはもう大忙しと、いった様子で壁の上を這いまわっている。
これで安心だけど、クモの糸が顔にくっついてきて、妻は気持ち悪いと言っている。たしかに気持ち悪い。
でも、蚊に食われるよりは良いだろう? と言うと、どっちも嫌だと妻。
うーん、そりゃそうなんだけど、しかし、、、と黙ってしまった。
comments (0) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
<<<<< 2021,Nov >>>>>