日本で唯一の屋根に椿の木を植えた店舗から作家、社長、杜氏である谷口英久が綴る抱腹絶倒の「Blog」
トキワ荘の思い出。
18/May.2022 [Wed] 10:32
えーとですね。
何を書こうか、忘れてしまった。
そうだ、豊島区にあるトキワ荘ミュージアムに行ってみたいとずいぶん前から思っていたのである。
若い頃、原稿を書き始めたけど、右も左もわからずという時に藤子不二雄Aの「まんが道」という漫画を読んだ。
ちょうど単行本が出始めた頃でそれを夢中になって読んだのである。
トキワ荘には、はじめ手塚治虫が住んでいて、それを慕って寺田ヒロオが住み始めた。
そこに富山から上京してきた藤子不二雄の二人が訪ねてゆく話だ。
二人はまんが家を目指していて、当初は両国のあたりの二畳間で暮らし始めるけど、あまりに狭いので、それならこのトキワ荘に移ろうかと考える。
ところがこのアパートの敷金が三万円だと聞いて、あきらめてしまう。
当時、ラーメンが一杯45円という値段で、学生あがりの二人にとって三万円はとても手が出ない。
と、それを知った手塚治虫はそこを引っ越すことにして、敷金はそのまま藤子不二雄のために置いてくれたのだそうだ。
さらに今度はそのトキワ荘に石ノ森章太郎と赤塚不二夫も住み始め
このアパートは漫画家や漫画家を目指す若者が多く住むことになる。
トキワ荘はすでに取り壊されてしまったけれど、その建物を再現したミュージアムが建ったのだとニュースで聞いて、「行ってみたいなぁ」と思っていたのである。
その夢がついに叶って、今年のお正月に出かけてみた、というわけだった。
その時一番驚いたのは、当時そのトキワ荘に住む住民たちがよく食べていたラーメン屋さんが今でもある、ということだった。
ラーメン屋さんは「松葉」といって、このラーメンを藤子不二雄の二人はこよなく愛して、なにかというと出前を取る。
出前を持ってくる女の子がお金に困っていると聞けば、その子に貯金を下ろして貸してあげる話も出てきて、よく覚えている。
そのラーメン屋さんがまだ現役で頑張っているということが、自分には衝撃だったのである。
松葉の入り口には「まんが道」の中のラーメンを食べるシーンも拡大されて飾ってあり、うーんこれは入ってみたいけど、今はお腹も一杯で食べられないし、ということでその日は入らずに帰ってきた。
しかしいつかもう一度、と思っていたのである。
(つづくかもしれない)
comments (0) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
<<<<< 2022,May >>>>>