日本で唯一の屋根に椿の木を植えた店舗から作家、社長、杜氏である谷口英久が綴る抱腹絶倒の「Blog」
どんな朝が来るか? 
07/Sep.2016 [Wed] 18:47
アボガドとトマトのサラダが余ったので
翌朝の味噌汁にどうか? と考えた。
どうか? も何も、夜に食べる野菜がそのまま
翌日の味噌汁の具になるのである。
トマトはよく味噌汁の具になるので
どんな味になるか、予想がつく。
しかし、アボガドはどうかなあ? と思った。
予想通り、まるで美味しくなかった。
そこで、アサリを投入した。
出汁を効かせればなんとかなるのではないか?
と寝ぼけた頭で思ったからだった。
アサリは真空パックになっているので
封を切って入れればいい。
とにかく、この具でなんとか食べられるものに
しなければいけない。
作り直している時間はないのである。
父も待っているし、我々もご飯を食べて
仕事に行かなければならない。
アサリを入れたら、なんとなく、食べられるような
味になった。
急いでそれをプラスチックの容器に入れて
父のところに持っていった。
父はそれを一口食べて、目が泳ぐような顔になった。
なんの味なのか、わからないようだった。
「こりゃ、なんだろう?」
と言って熱で黒ずんだアボガドを箸でつまんだ。
「アサリだよ」
とぼくは言った。
「アサリ? これが?」
父はそう言って、アボガドを口に入れた。
「そうだよ。美味しいでしょう?」
ぼくは言った。
「そうかなあ?」
と父は言った。首を傾げている。
「ほら、もう一回食べてみてよ?」
父は味噌汁を啜った。
「うん、アサリの味がする」
「そうでしょ? アサリだもん。ね?」
ぼくが言うと、父は
「うん、うまい」
と言った。
やれやれ。
次は妻だ。
妻は昨日、このサラダを作ったわけで、言ってみれば
味噌汁で何が起きているのか、わかっているはずだった。
「アボガドの味はちょっとヘンだけど、
アサリの味もするから」
とぼくは言った。
妻はふーん、という顔をして、味噌汁を飲んだ。
それから
「うん、美味しいじゃん」
と言って口の端に含みを持たせた顔で、笑った。
こういう朝もあるよな、と二人でぼそぼそ呟くように言った。
しばらく何も話さないまま、二人で味噌汁を音をたてないですすった。
「あ、雀が来た」
と妻が言った。
窓の外に雀が何羽も来て、ご飯をついばんでいるのが見えた。
comments (2) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
コメント
やりますね。アボカド味噌汁。
食べたことある人、どれくらいいるだろう。。
さと : URL : 09/Sep.2016 [Fri] 18:30 : spFZTyxM : PAGE UP↑↑↑
ね。
なかなか珍しい味噌汁ですよね。
アボガドはやっぱり生が美味しいです。
一円大王 : URL : 12/Nov.2016 [Sat] 17:54 : aKT3eVrs : PAGE UP↑↑↑
コメントする









1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
<<<<< 2017,Oct >>>>>