日本で唯一の屋根に椿の木を植えた店舗から作家、社長、杜氏である谷口英久が綴る抱腹絶倒の「Blog」
大島の太陽と潮風にさらされた味わいのある。
04/Jan.2017 [Wed] 18:29
ジーンズの膝がよく破れる。
立ったりしゃがんだり、という動作が多いらしくて
膝が擦り切れて、そのうち破れる。
それでも、もったいないので、膝を縫って履いている。
裁縫の得意なリエさんという女性に頼んで
膝に布を当てて、一針ずつ丁寧に縫ってもらった。
ところが、ジーンズの生地自体が劣化しているのか
継ぎをあてても、やはり膝が貫けてゆく。
(これはもう寿命かな?)
と思ってあきらめた。
そういうジーンズが三本もあって、捨てようか?
と迷っているときに
S原さんという建築家と飲むことになった。
S原さんは藤森さんのお弟子さんで、今は東京の
建築事務所で働いている。
その前はロンドンにいて、やはり建築事務所で
働いていたのだそうだ。
ロンドンには古着屋さんがたくさんあって
そこをを巡るのが好きだったという。
日曜日に市が立つと足しげく通っては古着を
探していたらしい。
「ぼくのジーンズで良い味になっているものが
何本かあるんですけど、興味がありますか?」
と訊いてみると、即答で「欲しい」と言われた。
「焼酎造りの激しい仕事で、破れた膝を何度も継いだような
ものですよ?」
としつこく確認した。
こんなものを欲しいという人がいること自体、驚きだったからだ。
伊豆大島に戻ってから、そのジーンズをS原さんの
ところに宅急便で送った。
すぐに連絡が来て、どれも良いという。
あれから四年が経って、またジーンズの膝が切れた。
たてつづけに二本、ダメになってしまった。
アイロンでくっつける膝あてがあって、それを裏から
あててみたけれど、やはり生地が薄くなって
二三回履くと、また別のところが破れてきた。
今日、スマホを見ていたら、ニュースで
瀬戸内海の漁師さんが一年間履いたジーンズが
元の値段の倍で売れた、という記事が出ていた。
瀬戸内の海と太陽で、良い味に色落ちしたジーンズを
欲しがる人が多いのだそうだ。
そうか、やっぱり欲しい人がいるんだ。
(ぼくのジーンズも売れないかなあ?)
と妻に言うと、
「ダメでしょ」
と一言で片付けられてしまった。
せめて新品のジーンズと交換してくれるような人が
現れないものかなあ? と思った。
大島の潮風と、焼酎造りの現場で耐えてきた
味わいのあるジーンズ。
いいじゃないですか。
comments (2) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
コメント
うちもあります。
自分のも主人のも何本か直しましたが、そのままのもあります。人がダメージ加工したものだとそういんもんか、と思うんですが、自分が破ったものだとみすぼらしく見えるという・・・谷口さんのは見せ方で売れそうですけど^^
どうぞ今年も宜しくお願い致します。
さと : URL : 06/Jan.2017 [Fri] 21:53 : DSZw2dm6 : PAGE UP↑↑↑
そうなんですよ。
自分で破ったものと、履き古して破れたものは
見た目が違うんですよね。
不思議なものですけど、明らかに違う。
さとさんはどうやって直したんですか?
ミシンで縫ったりとかでしょうか?
どうぞ今年もよろしくお願い致します。
一円大王 : URL : 18/Jan.2017 [Wed] 17:35 : X6cL/Bpg : PAGE UP↑↑↑
コメントする









          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
<<<<< 2017,Dec >>>>>