日本で唯一の屋根に椿の木を植えた店舗から作家、社長、杜氏である谷口英久が綴る抱腹絶倒の「Blog」
そう簡単には騙されないぞ。
19/Jan.2018 [Fri] 18:02
暮れに喪中の葉書を出さなかったので
年が明けてから、年賀状を頂いた人に
返事を書いている。
何年か前から、プリンターで宛名を印刷するようになって
今までは、宛名を印刷して送るのは相手に失礼なんじゃないか?
と思っていたけれど、やってみたら、もう本当に便利で
ありがたい道具だと身にしみてわかった。
宛名は印刷にしたけれど、その人に向けて、なにか一言二言、
手書きで書くことにして、それで勘弁してもらおう、と思うことにした。
ところが今年はこのプリンターのインクジェットを用意していなくて
あわててネットで買うことにした。
プリンターはヒューレッドパッカードのもので、しかし、純正でなくとも
使えると書いてあるので、それを鵜呑みにして、別のインクを買ってみた。
すると、純正のものを使え、とプリンターが言い張る。
頑として動かない。
いや、これは困った。
仕込みでまだ忙しいし、手書きでコツコツ宛名を書いていると
何日掛かっても、終わりそうにない。
そこで考えて、純正のインクに付いていた金色の小さなシールのようなものを
剥がして、それを純正でないインクに両面テープで付けてみることにした。
シールはちいさなもので、両面テープも本当に細かく切った。
すると爪をたてても、両面テープの裏についている白い保護の紙がはがせない。
寒くて手はかじかむし、シールは床に落ちて、どこに行ったかわからなくなる。
はずしていた眼鏡をかけなおして、這いつくばって床の上を探した。
はらり、と落ちたはずなのに、こんなところに、と思うような場所で見つかった。しかし、両面テープに砂がついて、また一からやり直し。
さあ、今度はちゃんと貼れたので、これで動くかと思ったら
やっぱり純正でないから、動かないのだそうだ。
強情な奴だなあ。
あっさり騙されて動くかと思ったけど、こりゃダメか。
仕方なく手書きで宛名を書くことにした。
力仕事で腕が震えて、始めは上手く書けなかった字も
だんだん良くなってきた。
いいぞ、たまには字の練習もしないと、味わいのある字にはならないもんな。
二十枚くらい書くと、良いあんばいになってきて
始めに書いたものは書き直したくなった。
そんなことで、今年は年賀状ではない、
いつもとはちょっと違った葉書を書いている。
昨日は暖かかったのに、今日はまた冷え込んで、
宛名を書く手がかじかんでいる。
comments (2) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
コメント
寒中見舞い 申し上げます。
年賀状を書こうと思いながら 日記をのぞいたら…
寂しいですね。

久しぶりの日記の更新に、お元気そうで ちょっと安心しました。
明日は かなり厳しい寒さになりそうです。
インフルエンザ も流行ってますから 体調崩さぬように気をつけてくださいね。
ユキミ : URL : 21/Jan.2018 [Sun] 14:10 : XyXAq3NY : PAGE UP↑↑↑
ユキミさん、こんにちは。
誰にも知らせず、喪中の葉書も出さなかったので
不義理をお許しください。
そんなわけで、賀状も何も出していません。
すみません。
蔵に籠もって仕事をして、誰にも会わないので
インフルエンザにも掛かりません。
今日は暖かくて静かで、明日は本当に寒くなるのかなあ? と空を見上げて考えています。
一円大王 : URL : 21/Jan.2018 [Sun] 17:28 : 8z87TujA : PAGE UP↑↑↑
コメントする









          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<<<< 2018,Jun >>>>>