日本で唯一の屋根に椿の木を植えた店舗から作家、社長、杜氏である谷口英久が綴る抱腹絶倒の「Blog」
自分では気に入っている。
21/Jan.2018 [Sun] 17:19
仕事で着ているジャケットの袖が長いので、自分で切ってみた。
ジャケットの素材は、なんだろう?
裏地が柔らかい起毛のようなもので、フリースに似ている。
火をつけると切ったところが固まるので
元はプラスチック素材なんだろう。
山登りのときに着るようなものらしい。
とにかく、この袖が長いので、二年近く折って着ていたけれど
そこだけ厚くなるので、仕事がしにくかったのだ。
我慢をしながら、着ていたけれど
そうだ、切ってみればいいかもしれない、と急に思いついた。
家ではやる気にならないので、仕事場に裁縫道具の籠を持参して
仕事の合間にやってみよう、と思い立った。
肩口から長さを計って切ればいいものを、適当に折ったところで
切ったら、右と左の長さがちぐはぐになってしまった。
左腕はちょうどいいけれど、右は明らかに短くて
下のセーターが出てきてしまう。
ありゃー、これはいかん。
しかも、切りっぱなしだと、袖口が広がってしまって
寒気が袖から入り込んでくる。
そうか、袖が窄まって(すぼまって)いるのは、やっぱり大切なことなんだ。
でもまあ、誰もこんなところは見ないだろうと思っていると
妻がめざとく見つけて、
「どうしたの、これ?」
と言った。
やっぱり目立つらしい。
袖のほつれたところはライターで炙って、終わりにしようと思っていたけれど
もう一度ゴミ箱から捨てた袖を拾ってきてそれを縫い付けた。
おおー、上手く出来た。
それに寒気も入ってこなくて、これは良い具合になった。
長さは相変わらず測らなかったけれど、適当に縫い付けたら
左右同じくらいになった。
comments (4) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
コメント
既存の物に何か一手間加えると、ようやく自分のものになったように感じる事がありますね。   

当方は.... ホックとジッパー併用のジャケットの銀色メタリックなジッパーの様子が気に入らず、裁ちばさみでジッパーを切り落としてホック専用したところ、非常に気に入った雰囲気なりましたよ。  


それにしても昨日の雪は凄かったね。
takiu : URL : 23/Jan.2018 [Tue] 11:05 : SCnIBc0o : PAGE UP↑↑↑
私も年末に黒いムートンコートの袖を切りました!ファーが可愛いかったのですがボリュームがありすぎてカバンの取っ手がつっかえるのし長いからいいかなと。切りっぱなしでもほつれず、見た目は悪くなかったんですが、いざそれで新しい白いキャンバスバッグを持って歩いたら切り口の黒い毛か何かで取手が真っ黒に。やって見ないとわからないもので。
横浜も雪積もりました。滑ります。。
さと : URL : 23/Jan.2018 [Tue] 13:06 : u/.bXC4U : PAGE UP↑↑↑
確認したいので写真を送ってください^^;
宮原 : URL : 30/Jan.2018 [Tue] 19:19 : HZK5DsBU : PAGE UP↑↑↑
おお、TAKIさん、お変わりないようで何よりです。これはきっとTAKIさんが喜ぶ話なんじゃないか? と思いましたよ。雪は東京でもまだ残っているんじゃないですか? こちらもみぞれまじりの雪が降ったけど、積もらず、ありがたかったです。さとさん、白いカバンは皮の良いものだったんじゃないですか? その黒いものがあとで取れると良いんですが。どうだったんでしょう?
宮原さん、写真に撮るほどのものでもないんです。恥ずかしくて、ちょっとはばかられます。
一円大王 : URL : 31/Jan.2018 [Wed] 7:32 : Q9YYD/SM : PAGE UP↑↑↑
コメントする









          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<<<< 2018,Jun >>>>>