日本で唯一の屋根に椿の木を植えた店舗から作家、社長、杜氏である谷口英久が綴る抱腹絶倒の「Blog」
なんと言っていいのかわからない。
17/Mar.2018 [Sat] 9:45
明日は父の百間日で、いよいよお墓に納骨をする予定だ。
納骨にあたって、石屋さんを頼むのだろう、と思っていたら
自分でお墓に収めるのだという。
それが先週、お寺のお坊さんと話していてわかった。
初めはそれを聞いてびっくりしたけれど
考えてみれば、葬式組合では、よく納骨をしている。
お葬式を終えてすぐに納骨をする人も多いので
そういう時は、葬式組合の人間がお墓の下を開けて
お骨を収めるのである。
ぼくの住む村には、葬儀屋さんがいない。
元町という、島で一番大きな町には葬儀屋さんが何軒か出来た。
しかし、ぼくの住む村では自分たちの手でお葬式をする形が残っていて
そのために組合がある、というわけだ。
組合では葬儀のための祭壇を作り、進行もする。
終わってから片付けもあって、さらに納骨もするのである。
ぼくはまだ若手なので、そういう仕事は進んでやらなければならない。
といっても仕事があったり、出かけていたりすることも多くて
いつも必ず参加するわけでもない。
まあ、そんなこともあって、納骨だって、自分で出来るのだ。
それで、一昨日だったか、墓石の下の石の目地をあらかじめ開けておく
作業をしに、お墓に出かけた。
バールで目地をこじ開けようとしたのだけれど、
この目地のセメントがずいぶんしっかり固定されていて
簡単には開けられないようになっていた。
まあ、お骨の入っている場所が簡単に開いてしまったら困るわけで
そういうものか、とも思った。
しかし、そうなると、金づちも持ってきて、バールで叩いて
目地を開けなくてはならないだろう。
また改めて出直さなきゃいけないかなあ? と思っていると
お坊さんが様子を見に出てきてくれた。
金づちが要るのなら、持ってきてくれるという。
そんなわけで、お坊さんにも手伝ってもらって
二人で、お墓の石の目地を開けて、石を引っ張りだすところまでやった。
なんとか動いたので、あとは当日、やることにしよう、ということに
なって、また石を元の通りに戻した。
土がずいぶん溜まって、スコップで掘らなければ、お骨を収めるのは
むつかしいこともわかった。
今度はセメンではなくて、コーキングという、ゴム系の
素材を使って目地を埋めようとお坊さんと話した。
そうすれば、次回はカッターで切れるから、とお坊さんが言った。
しかし、この次にこの石を開けてお骨を収めるときは
ぼくが入るときなんだ、ということに急に気が付いた。
30年前に母が、その翌年に祖母が、そして父が明日、ここに入る。
そのあとはぼくの番なんだ。
そうか、もうそんなことになるわけか。
s感慨深い気持ちになって、しかしそんなに嫌な気もしない。
お骨になって静かにここで過ごすのも悪くないだろう。
日当たりも良いし、なにより静かだ。
お骨になるって、不思議なことだ、と父のことを見て
そう思ったけれど、それも近未来の現実なんだなあ。
良いお骨になれるようにするにはどうしたら良いんだろう?
それには、まず、うーん、覚悟をして
生きていかなくてはいけないんだろう。
明日、晴れるといいな。
comments (3) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
コメント
うちも祖母のお骨を親族で納骨しました。青森の霊園ですが誰も石屋さんを呼ぶという発想がなかったんです。私も葬儀社勤めながらよく知らず。比較的若手の私はぎっくり腰でコルセットしてそこにいるのが精一杯、他の方は70歳オーバーというメンバーで、悪天候の中、カロートというみたいですが蓋みたいな重い石を父や叔父がかなりギリギリの体力でずらしました。固定されてなくて良かったです。お骨は壺から出してザーッと入れるタイプでした。父はおそらくそこには入らないと思われるので、あとは叔父とかかな?
自分がお骨になってそこに入る、近い未来に高い確率で起こる話ですね。普通にこの周りに見えている人たちだって100年後には良い人
さと : URL : 22/Mar.2018 [Thu] 8:25 : DChGMZ.U : PAGE UP↑↑↑
切れちゃいました…
100年後には良い人も悪い人もほとんどの人が居なくなってるな、と。それまでにすごい寿命が延びたりすれば分かりませんが。
さと : URL : 22/Mar.2018 [Thu] 8:48 : DChGMZ.U : PAGE UP↑↑↑
さとさん、書きにくいのにレスをありがとうございます。そうなんですか、青森では骨壷から出して撒くんですね。すごいなあ。
たとえ、人の寿命が延びたとしても、死なないと
人口は増えるばかりで、地球も大変なことになってしまいますよね。
それだけではありませんけど、よたよたして自分のことが出来なくなってから長生きするのも、どうなのかなあ? と思います。
腰大丈夫ですか? 大事にしてくださいね。
一円大王 : URL : 22/Mar.2018 [Thu] 18:49 : 3Dz2YAtQ : PAGE UP↑↑↑
コメントする









  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
<<<<< 2018,Oct >>>>>