日本で唯一の屋根に椿の木を植えた店舗から作家、社長、杜氏である谷口英久が綴る抱腹絶倒の「Blog」
神様にお願いしたこと。
08/Jun.2020 [Mon] 14:46
北に拉致された横田めぐみさんと
自分がほぼ同い歳だということに気がついたのは
いつ頃だったろうか?(正確には一学年違う)
そう考えると、めぐみさんの存在がグッと身近なものに感じられた。
中学生になって、桜が咲く頃に
風疹が流行ったのも同じだ。
昨日はお父さんの滋さんが亡くなられて
テレビでその報道を見てやっぱり泣いてしまった。
お父さんの姿を最近はテレビで見かけなくなったので
どうされているのか、心配だったけれど
やはり具合が悪かったんだ、と思った。
奥様の早紀江さんと二人で全国を回り
めぐみさんが拉致されたことを訴え続けた
あの真剣な表情を見るたびに
涙が出る。
どうしてうちの娘は拉致されたのか?
なぜうちの娘は帰ってこないのか?
もし問われてもぼくにはその答えが出せない。
自分の生きてきた人生に目を向けるのと同時に
今、めぐみさんはどうされているのか?
考えると深い穴の底を見つめるような気持ちになる。
本当に人生は不公平で
なぜ不公平なのか、
いまだに答えは出ない。
死ぬということはどういうことなのか?
それにも答えは出せない。
命が尽きるまでにその答えが言えたら良いなあ、と思っている。
本気でそう思っている。
そして、すぐにでもめぐみさんが日本に戻れることを心の底から
お祈りします。
comments (2) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
コメント
拉致のこと、経緯、調べました。
理不尽、不条理、とか当てはまりそうな言葉を調べました。
全てに、納得がいかず。

神様はどうして。。。
と、グルグル思いが巡ります。

また、思いついたら書きますね。
ユキミ : URL : 11/Jun.2020 [Thu] 21:03 : fAadlbRw : PAGE UP↑↑↑
そうですね。
すべてに納得がいかない、そして何も出来ない力の及ばない世界があります。
悔しいけれどこれも現実なんですね。
なんとかしたいですね。
一円大王 : URL : 12/Jun.2020 [Fri] 8:59 : fNwyv2.Q : PAGE UP↑↑↑
コメントする









      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<<<< 2020,Jul >>>>>