日本で唯一の屋根に椿の木を植えた店舗から作家、社長、杜氏である谷口英久が綴る抱腹絶倒の「Blog」
オレゴン州の山火事
18/Sep.2020 [Fri] 14:41
カリフォルニアの山火事がひどい事は
ニュースで聞いて知っていたけれど
それがオレゴン州にまで飛び火している事は知らなかった。
オレゴン州といえば、ビールの修行に出かけたポートランドが
ある街で、師匠のジョナサンもこの街のダウンタウンに住んでいる。
家には何度も呼んでくれて、近所の友達も紹介されて
一緒にバカ話をしながらご飯を食べに出かけた。
ご飯といっても、レストランに行くわけではなく
タイでその味を習得した店主の作るスパイスの効いた鳥の手羽先を食べさせる店で(これが旨い)
ウイスキーを飲みながら、それをワイワイ食べるのである。
ポートランドのダウンタウンはもう人間の一通りの愉しみは
やり尽くした、という趣が強く、一風かわった印象の店が
流行っていた。
例えば、アイスクリーム屋さんにしても、
ジェラートの美味しい店という味ではなくて
日本で言うとクサヤ味のジェラートのような店に
行列が出来ている。
ジョナサンの友人のリサに連れられてその店に行き
試食してみなさいよ、と言われて食べてみると
とんでもない味がして
「グエー、なんだこりゃ?」
と思わず言ってしまったことがあった。
するとリサもそこの店員の兄ちゃんも大喜びで笑っている。
「もっと欲しい?」
と訊かれて
「いらないよ」
と言うとまた大喜び。
そんなふうに毎日を楽しんでいるらしい。
そういう街の気風が好きだった。
そのダウンタウンとジョナサンの家にも火は迫ってきていて
あと六キロというところまで近づいてきているという。
水をかけて消すというようなことも無理らしく
退去命令がいつ出るか、ということになっているということである。
まったく何があるかわからない。
大島にいれば、台風で家を壊されることに怯えるけれど
ポートランドでも安全ということにはならず
火事の心配をしなければならないのである。
しかし事態は深刻で、どうなることやら
遠い日本から心配をしている。
どうか火が鎮火しますように、と心から願っている。
comments (0) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
コメント
コメントはありません。
: URL : : : PAGE UP↑↑↑
コメントする









        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<<<< 2020,Oct >>>>>