日本で唯一の屋根に椿の木を植えた店舗から作家、社長、杜氏である谷口英久が綴る抱腹絶倒の「Blog」
トウキビとビーツ
05/Oct.2020 [Mon] 15:03
札幌に住む親戚からトウキビが送られてきた。
トウキビと言うと聞き慣れないけれど
トウモロコシのことをこう言うらしい。
箱にそう印刷してあるのが面白い。
ちなみに鳥の唐揚げのことは
ザンギと言うのだそうだ。
このトウキビにも種類が色々あるらしくて
今回は三種類送ってくれたと言う。
控えておけば良かったのに
家に帰るともう忘れてしまって
食べた後にそう思った。
しかしどれも粒が張り詰めたように漲っていて
口にすると甘い。
これを茹でて食べるのが毎日の楽しみである。
ビーツも送られてきて、これはなんと言ったら良いのか
知らない人に伝えるのは難しい食べ物である。
茹でると紅い汁がうっすらと滲んでくる。
甘みのある、コリコリとした食感で、
家ではニンジンと一緒にサラダにして食べる。
夜に食べきれないと、そのまま翌朝の味噌汁の具になるけれど
紅い味噌汁になるので見た目が綺麗だ。
というわけで昨夜の夕食は
ビーツのサラダとトウキビが一本。
肉好きの人には信じられないような質素な夕食だけれど
我々にはこれで充分だ。
夜は寝るのだし、そんなに食べなくても良いのである。
食べすぎると夜中に苦しくて目が覚める。
これじゃあ太れないけれど、まあ、こんなもんだ。
痩せたいという人が居候したら
一月でずいぶん変わることだろう。
朝は玄米のお粥と味噌汁。
昼は玄米のご飯と野菜のたっぷり入った麺。
夜は野菜のみ。
近頃は昼に焼き魚を食べるようになった。
これがまたお昼の愉しみである。
comments (0) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
コメント
コメントはありません。
: URL : : : PAGE UP↑↑↑
コメントする









        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<<<< 2020,Oct >>>>>