日本で唯一の屋根に椿の木を植えた店舗から作家、社長、杜氏である谷口英久が綴る抱腹絶倒の「Blog」
ボクシングの選手のようにゆらゆらと。
16/Oct.2020 [Fri] 14:50
仕事場の台所から、窓の外を見ていた。
窓の網戸にカマキリが一匹とまって
ゆらゆらと揺れているのが見える。
何かを狙っているのかな? と思って
目を凝らすと、ハトムシがその先にいるのが見えた。
そうか、あれを狙っているんだ。
カマキリは自分の鎌を折り曲げて
ボクシングの選手のようにゆらゆらを繰り返している。
そんなに動いたら、獲物が逃げてしまうんじゃないか?
と思うけれど、そうでもないらしい。
少しずつジリジリとハトムシに近づいている。
突然、カマキリは鎌を広げて、ハトムシに襲いかかった。
その瞬間、ハトムシは逃げてしまった。
ああ、残念だったねえ。
もう少しで捕まえられるところだったのに。
自分も暇だと思うけれど、こういう虫たちの
攻防戦を見ているのは飽きることがない。
ハトムシの勘の良さにも驚いた。
まあ囚われてしまえばそれっきりとなってしまう。
すごいもんだなあ、と拍手を送りたくなった。
comments (0) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
コメント
コメントはありません。
: URL : : : PAGE UP↑↑↑
コメントする









        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<<<< 2020,Oct >>>>>