日本で唯一の屋根に椿の木を植えた店舗から作家、社長、杜氏である谷口英久が綴る抱腹絶倒の「Blog」
こんな時が来たなあ。
14/Nov.2020 [Sat] 20:55
仕込みが始まった。
今年はめまいがひどくて、どうしようか? と迷ったけれど
昨年は台風の後片付けで仕込みが思うようにできず
製造量が少なかったのである。
今年も作らないとなると、売る焼酎がなくなってしまう。
しかし、めまいはまだ続いていて、出来るかな? と
不安だった。
そこで近所の歳上の男性に声をかけて麦を運ぶ作業だけ
手伝ってもらえないか? と聞いてみた。
うーん、とあまり良い感触ではなさそうだった。
そこを何とか、と何度もお願いして来てもらえることになった。
とにかく麦を運んで、蒸すドラムに入れられれば、あとは何とかなる。
20キロの麦の袋を抱えて、ドラムに入れることが今はできない。
もう一人、近所ではないけれど、昔手伝ってもらったことがある
女性にも声を掛けてみた。
午前中なら行っても良いということで、この二人に手伝ってもらえることになった。
ありがたい。
この三年間は、親しくしているタケシくんの会社の横谷くんが手伝いにきてくれていた。
芋の仕込みは手間が掛かるので、その手伝いをお願いしたら
そのまま手伝って貰えることになったのである。
それに甘んじて、ずいぶん楽をさせてもらった。
しかし、今年はコロナの影響でタケシくんの会社も大変なことになり
うちを手伝う余裕も無さそうである。
このめまいではいったいどうなることやら、
自分でもひどく心配した。
今日で仕込みを始めて五日が経って、二本の酒母を作った。
なんとかやっている。
疲れもひどいけれど、しかし、やっているということ自体が
驚きである。
がんばれ、なんとか乗り切って、旨い焼酎を造ろう。
とにかく自分を信じて乗り切ることが今の目標である。
comments (0) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
コメント
コメントはありません。
: URL : : : PAGE UP↑↑↑
コメントする









1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
<<<<< 2020,Nov >>>>>