日本で唯一の屋根に椿の木を植えた店舗から作家、社長、杜氏である谷口英久が綴る抱腹絶倒の「Blog」
イヨマンテの夜
10/May.2021 [Mon] 8:06
おじさんのところに顔を出したら「この間のど自慢を見てたら凄い少年が出てきたんだよ」と言ってその時に撮ったビデオを見せてくれた。
何を言っているのかわからなかったけれどそのビデオを観て驚いた。少年はまだ中学生になったばかりなのかぶかぶかの学生服を着ている。声が小鳥のように高くて可愛らしい。
その子がマイクを握ると急に低い太い声になって「イヨマンテ〜」と歌い出したのでびっくりした。
ものすごい声量で歌を歌い出した。
後ろで聞いている氷川きよしの顔が呆気に取られて口が開いてしまっている。
凄いなぁと思っているうちに鐘が鳴り合格となった。
アナウンサーからのインタビューで少年はこの歌をおじいちゃんから習った、将来は歌手になりたいのだと言った。
「おじいちゃんに一言なにか?」と、言われて
「おじいちゃんやったよ」と言う仕草が可愛らしい。
親戚のおじさんはこれを見て涙ぐんでいる。
歳を取って涙もろくなったんだろう。でもそのくらい人を揺さぶる力のある子だった。
北島三郎もこののど自慢で優勝したことがきっかけで歌手になったのだそうだ。
凄いなぁ、こういう子がいるんだ
なぁと思いながらおじさんとビールを飲んだ。
「イヨマンテ〜」とその少年の真似をするとおじさんは手を叩いて喜んていた。
うーんびっくりした。
comments (0) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
コメント
コメントはありません。
: URL : : : PAGE UP↑↑↑
コメントする









    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
<<<<< 2021,Jun >>>>>