日本で唯一の屋根に椿の木を植えた店舗から作家、社長、杜氏である谷口英久が綴る抱腹絶倒の「Blog」
竜巻か突風か。
07/Oct.2021 [Thu] 15:27
先日の台風では工場の屋根を剥がされた。
突風が吹いたのかトタンが二枚、折り紙のように綺麗に折られている。
目立つところなので近所の人に「やれなあ」
と、言われる。
やれなあ、というのは、大変だなぁ、というような意味合いだ。
うちと、ここから50メートルくらい離れた床屋さんの軒先がやられて、他の家はなんともない。
風の経路があるのかな? とも思うけれど、自然のことはわからない。
でもこのくらいなら自分で修理出来るのでやれやれ、と胸を撫で下ろした。
今日、太陽が隠れていたので大急ぎで屋根に登って修理をした。直射日光は目に良くないので、日差しを避けたかったのだ。
屋根の被害は思っていたほどひどくもなく、一時間ほどで綺麗に直せた。
これで一安心。
以前は自分には修理なんて出来ないと思っていたけれど、何でもやってみるもんだなぁ、と思っている。
comments (2) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
コメント
おはようございます。
台風被害、やっぱりあったのですね(T_T)
でも、トタン2枚で済んでよかった…なのかな。
昨夜の地震は大丈夫でしたか?
私は揺れより、通知の音にビックリしましたよ。
あの音に叩き起こされるのは、心臓に悪いです。
冷や汗が出ました(^_^;)

あと、昨日が和田さんの命日でした。
もう四年です。
変わらぬ日常の中に、ふっと思い出します。
銀座の画廊が、焼酎くさい居酒屋になったこと
懐かしいですね〜(^o^)
ユキミ : URL : 08/Oct.2021 [Fri] 5:46 : fAadlbRw : PAGE UP↑↑↑
ユキミさんこんにちは。
台風の修理はどんどん上手くなって、屋根なら任せとけ、というところまで上達しました。
地震も揺れたけど、とうきの方が揺れたみたいだな、と友人と話していてそう思いました。
和田さんはもう四年ですか。
あの画廊での写真、和田さんのポートレートをモノクロのフィルムで撮りました。
もう何年経つのかな?
本当にふとした時に思い出すことがありますね。
うちで蒸留をしている時に和田さんが来たのも、つい先日のことのように思います。
一円大王 : URL : 15/Oct.2021 [Fri] 17:39 : fNwyv2.Q : PAGE UP↑↑↑
コメントする









          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
<<<<< 2021,Oct >>>>>