日本で唯一の屋根に椿の木を植えた店舗から作家、社長、杜氏である谷口英久が綴る抱腹絶倒の「Blog」
毎日ユラユラしている。
23/Oct.2021 [Sat] 12:07
渡合温泉から何やら郵便物が送られてきた。
細長い箱で、その上に
「これは何でしょう?」
とマジックインキで描かれている。
ぼくと妻がユラユラしている絵も添えられていて、しばらく考えてしまった。
しかし考えてもまったくわからないので封を開けてみると、中には棒が一本入っている。
木刀かな? とも思ったけれど、丸い棒を縦に半分に切ってあるので、それに意味があるのだろう。
さあ、これを読んでいる人はわかりますか?
丸い棒を縦に半分に割ったものが一本送られてきました。
それは何をするものでしょう?

ぼくにはわからなかったのでおかみさん直筆の手紙を読んでみた。
(美しい字と文章で読んでいると気持ちが真っ直ぐなる手紙だ。)
するとこの棒の丸い方を床に置いて、その上を歩いてバランスを鍛えるものなんだそうだ。
うーん、そうか。
渡合温泉に行くと、いつもこういう遊び道具が置かれている。
今年の流行はこれで、ご主人の俊ちゃんは毎日これに乗っているのだそうだ。
今年も遊びに行けなかったので、これをわざわざ送ってくれたらしい。(焼酎を送ったのでそのお返しの意味もあるのだろう)
早速床に置いてその上を歩いてみた。
一歩も進めずに棒の上から落ちてしまった。
妻にもやらせてみるけれど、やはり同じく歩くことはできない。
うーん、これは難しいぞ。
ということで、家に持ち帰って、風呂上がりに毎日この上に乗って練習することになった。
お酒を飲んでからやるとまるで話にならないので、飲む前にやることにした。
妻は3歩も進めるようになったけど、ぼくはせいぜい進んで一歩といったところ。
やっていると、渡合温泉のご主人やおかみさんと話しているような気分になる。会えなくともこういう交流もあるんだなぁ、と思いながら毎日ユラユラしている。
comments (0) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
コメント
コメントはありません。
: URL : : : PAGE UP↑↑↑
コメントする









      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<<<< 2021,Dec >>>>>