日本で唯一の屋根に椿の木を植えた店舗から作家、社長、杜氏である谷口英久が綴る抱腹絶倒の「Blog」
名前のない友だち
11/Jan.2022 [Tue] 14:40
蒸留がすべて終わった。
今年度の造りの計画ではあと三本仕込みが残っているけれど、とにかく腰が治るまではしばらく休もう、ということになった。
そう言っても仕事は続くわけで出荷もするし瓶詰めもする。
でも仕込みが一段落したので気持ちはホッとした。
杖にすがりながらでも、なんとか仕事が出来たので、やれやれと思っている。
腰が悪いあいだ、仲良しのカラスが毎日のように様子を見に来てくれた。
工場の入り口に来ては「来たよ」というふうに鳴く。
それで顔を出すと近くまで寄ってくる。
昨日は骨を口に咥えて、すぐそばの低い屋根の上から投げてくれた。
咥えていた骨を口から離して屋根の上に置くと、ぼくの顔を見ている。
「くれるの?」
と聞くとカラスは首を傾げている。お土産のつもりなんだろうか。
「ありがとうね」
と御礼を言った。
このカラスには来るたびに何かしら声を掛ける。
それで少しずつ近くにくるようになった。
他の人だとすぐに逃げるけれど、ぼくがいると逃げずにジッとしている。
骨を貰ってもぼくは食べられないけれど、カラスには宝ものなんだろう。
骨は屋根の上に載ったままにしておいたら、翌日はそれを扉の入り口まで持ってきた。
やっぱりくれるつもりらしい。
その翌日、ちょうどタケシくんがいて、ぼくがカラスに
「昨日ありがとうな」
と声を掛けるとタケシくんは変な顔をしていた。
この人はおかしいぞ、というような顔つきだった。
カラスが遊びに来てくれるなんてどんなに素晴らしいことか。
とにかく自分としては嬉しい気持ちになる。
ありがとうね、と心からカラスに言いたい。
comments (1) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
コメント
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。
一円大王 : URL : 11/Jan.2022 [Tue] 14:42 : fNwyv2.Q : PAGE UP↑↑↑
コメントする









          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
<<<<< 2022,Jul >>>>>