日本で唯一の屋根に椿の木を植えた店舗から作家、社長、杜氏である谷口英久が綴る抱腹絶倒の「Blog」
エビカツサンドの夢
16/Feb.2022 [Wed] 10:04
コメダ珈琲が流行っているらしい。
写真より実物の方が数倍大きいということで話題を集めている。
うーん、これは名古屋らしい。
名古屋にお墓参りに行く途中、駅を降りてしばらく歩くと、マウンテンという喫茶店があっていつでも流行っている。
この店も山盛りが得意らしくて、何を頼んでも本当に山盛りになって出てくるという。
テレビでやっていたのを見て、「へぇ〜」と思ったのだ。
お墓参りには妻と義弟も一緒に行くことが多くて、そこを通るたびに「入ってみようよ」と提案するけど、まだ一度も実現したことがない。
二人とも鼻で笑って相手にしてくれない。
大きければ良いってものじゃないんだよ、という二人の持論があるらしい。
食べ残してお金を無駄にするのがオチだ、ということなのかもしれない。
義父は名古屋で生まれたけど妻も義弟も名古屋に住んだことはなく、そういう思い入れはないのだろう。
そんなところにコメダ珈琲の東京進出で、情報に疎いぼくでも知っているくらい色々な写真を見る。
中でも気になるのはエビカツパンで、(写真は見たことがないけど)字を見るだけでも、うーんこれは食べてみたい、と思う。
名古屋といえば天むすでこれは本当に素晴らしい食べ物だ。
あとは味噌カツ、それにどて焼きも美味しい。ひつまぶしも大好きだ。
しかしコメダ珈琲も量が多くて、行っても食べきれないだろうことは目に見えている。
今はコロナ禍で行けないけど、そのうち胃を鍛えて挑戦したい、というのが近頃の夢だ。
カツパンとチキンのホットサンドというのもある。
しかしこれも見るだにボリュームがあって、これを食べたらあとはもう一日何も食べられないだろう、と思うくらいのものだ。
体調も崩すだろうし、だからこそ夢だ、とも思う。
テイクアウトにして、ちょっとだけ食べて、あとは冷凍しておくことも可能かもしれない。
しかしコメダ珈琲に出かけて、ドーンと勝負したいのだ。
負けるとわかっていても、挑みたい。
義弟にバカにされても、妻に鼻で笑われても、勝負しなければいけない時が来ている。
それはいつ?
いつ夢が叶うのか、自分で書いて笑ってしまった。
comments (0) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
コメント
コメントはありません。
: URL : : : PAGE UP↑↑↑
コメントする









  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
<<<<< 2022,Aug >>>>>