日本で唯一の屋根に椿の木を植えた店舗から作家、社長、杜氏である谷口英久が綴る抱腹絶倒の「Blog」
心の中のスーダラ節
17/Oct.2019 [Thu] 17:14
ミャンマーから帰ってみると、ありゃー、こりゃひどい、
というくらい家は滅茶苦茶になっていた。
留守番をしてくれたタケシ君から
「本当にひどい状態ですから、その心積もりでいてください」
と言われていたけれど、たしかにその通りだった。
けれども、メールで送られてきた写真の状態よりは
ひどくは見えなかった。
それは、タケシ君がこつこつ片付けていてくれたからである。
寝室に散乱した硝子の破片や、水浸しになった床や
壊された窓や、そういうものを片して、なるべくきれいな状態にしてくれていたのでショックも少なかったのである。
ベニヤ板とビスを買っておいてもらって、大島に到着するとすぐに
家の中を見に戻った。
今日すぐには住めないけれど、近い将来、またこの家に住みたい。
そのためにはどうしたら良いのかを考えた。
まず屋根の雨漏りを修理することが必要だろう。
それから寝室の窓をふさぐこと。
ベッドを直すこと。
このベッドの上に飛んできた屋根は釘が引きちぎられたまま
つまり釘が屋根の断片に付いたまま、飛んできて
窓を突き破って、ベッドの上に落ちたのだ。
ベッドは自家製で、畳が敷いてある。
その畳を支えている材木が外れて、壊れてしまっている。
本当にここに寝ていたら、釘が腹に刺さって、そのまま引きずられて
内臓も破裂していたことだろう。
やっぱりついていたんだな、と心の底から思った。
家のことなんて、生きていればなんとかなる。
お金が保険でまかなえなくても、出来ることは自分で直していけば良いのである。飛んできた屋根の一部は窓を破壊しただけではなくて
コンクリートの壁も破壊していた。
とりあえずベニヤ板を張ってくれてあったので、そこに断熱材を切って
はめ込むことにした。
そうすれば寒くなってもなんとか凌げるのではないか、と思った。
あとは屋根だ。
ブルーシートを張ってくれてある上から、
ベニヤ板を切って、はめ込んでビスで留めた。
電動ノコギリがあるので、こういうことも出来る。
大島に住むためにはある程度の大工仕事も必要で、見よう見まねで
なんとか出来るようになった。
大切なのは気持ちだ。
メールで「大変でしょう?」 と言われると、こちらもつい
「大変です」と言いたくなる。
しかし、泣き言を言うと気持ちがヘタってしまうのだ。
「よしきた、それッ」
という気持ちで臨まなければ、こういうときは落ち込むばかりだ。
だから気の持ちようを強くして、楽観的に思うしかない。
それには自分を騙すくらいでないと、現実に負けてしまう。
「スーダラ節」を歌うと楽しくなるので
心の中ではいつも歌っている。
「あ、スイスイスーダラタッタ、スラスラスイスイスイィー」
と口ずさむだけで、もう愉しくなってくる。
ついでに踊るともっと愉しくなる。
そうなればこっちのものだ。
大工の作業も好きだし、
「俺、愉しくなってきちゃった」
と手伝ってくれているタケシ君に言うと、タケシ君は変な顔をして
ぼくの顔を眺めていた。
(どう答えていいのか、わかりませんよ)
というような神妙な顔つきで、ぼくの顔を眺めていた。
すぐに消費税の増税で、焼酎の値段も変わるので大忙しだ。
それ、がんばれ。
「スーダラ節」が効かなければ、早見優の「夏色のナンシー」だってある。
あれは最強だな。(ああ、恥ずかしい)
オーディオは水で濡れて、音が出ないけれど、脳内ではいつでも再生できる。
負けないぜ、という気持ちで過ごしている。
comments (1) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
<<<<< 2019,Oct >>>>>