日本で唯一の屋根に椿の木を植えた店舗から作家、社長、杜氏である谷口英久が綴る抱腹絶倒の「Blog」
妊婦になってしまった。3
29/Apr.2020 [Wed] 15:42
背中に印を付けてもらい、ここにお灸を据えると良いかもしれない、と
いうこと。
それが五日前のことである。
お灸は家にあるので、それを使って、妻にお灸をしてもらう。
ところが家の中が煙だらけになって、やたらと臭い。
匂いで吐きそうになってしまう。
仕方がないので、お風呂場でお灸を据えて貰うことになった。
風呂に入るのでもないのに、上半身だけ裸になって、
お風呂の椅子にしゃがみ込む。
乾いた床に湯垢が付いている。
水を使わないお風呂に座っているのはなんだか変な気分だ。
お葬式のときの遺体を洗う湯かんという作業で
これに似た気持ちになったことがあった。
(大島では遺体を洗うことはないけれど)
お灸は寝そべれば楽に背中に打てるけど
座っているとポロポロ落ちるので大変だ。
しかもライターの火が逸れて背中の皮膚を焼いている。
「熱いあつい」
と叫んでしまう。
「私のせいじゃない。ライターの火が急に強くなるから」
と妻。
そんなことを一日に五回も六回もしてもらっている。
妻はモグサの煙を吸うせいで頭と喉が痛いという。
仕方がないので昨日からは外でやることになったけど
これがまた寒いんですよね。
人が見たらびっくりするだろうけど、こっちも必死である。
しかし気持ち悪いのも少し緩和されて
少しずつ食べられるようになってきた。
体重の減りかたも緩やかになってきたので、気持ちも落ち着いてきた。
あとは背中の凝りが和らいで行くのを祈るばかりだけど
これもそう簡単にはいかないだろう。
なにしろ二十年ものの凝りの塊である。
これについてはまた次回。
まあ書くことはたくさんある。
comments (2) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
妊婦になってしまった2
28/Apr.2020 [Tue] 10:32
でもね、これはやっぱりおかしいな、
こんなに気持ちが悪くて、食べられないのでは身体が持たない。
匂いにも敏感になって、どんな匂いも受け付けなくなってしまった。
姉が妊娠しているときにこんな様子だったので
妊婦の症状に似ていると思った。
朝の牛乳も飲めないし、味噌汁の匂いも嫌だ。
ということで、とうとう意を決して病院に行ってみた。
内視鏡を飲んで検査をしてみると
胃は綺麗で、癌の心配もまったくない。
今後癌に罹る可能性もゼロに近いのだそうだ。
一つ胃の入り口の弁が開いているので、食べたものが逆流して
こういうふうに気持ちが悪くなるのではないか?
ということ。
あとはわからないと言われた。
薬を出してもらってそれを飲んでみたけれど、効かない。
第一逆流する食べ物が胃の中にないのである。
気持ち悪さは相変わらずで、食べられない。
やはり凝りが原因らしい。肩の下の脇腹の辺りが凝っていて、これと胃が関係しているように思えた。凝りが胃の入り口の筋肉を引っ張っているのだろう。
そこで阪本さんに鍼を打ってもらいながら、なんとか良い方法がないか
訴えた。

またしてもつづく。
comments (2) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
妊婦になってしまった。
26/Apr.2020 [Sun] 15:48
ユキミさんからメールが来て
「元気ならたまには日記の更新をしてください」
と言われた。
そうなんですよね。
11月に更新して以来、もう半年も更新していなかった。
何をしていたか、というと焼酎の仕込み。
あとは家の修理に精を出していた。
大工さんは来ないのか? と言う人も多いだろう。
何日かは来てくれたけど、またどこか他の現場に呼ばれて
来なくなってしまった。
うちはまあ、とりあえずブルーシートの屋根でも暮らせるし
雨漏りもとりあえずは止まったので
あとはボチボチ自分でやることにしたのである。
ところが、この屋根の作業をすると
肩がもの凄く凝る。
骨のような凝りが出てきて、そのあとが苦しい。
鍼に行ったり、カイロに出かけたりしてなんとか凌いでいたけれど
そのうちめまいがするようになってしまった。
めまいは上を向いて急に下を見るとクラクラする。
これも凝りから来ているんだろう、と思っていた。
そのうちに今度は胃がムカムカして、食べられなくなってしまった。
ほとんど何も食べられなくなってしまって、三週間で
五キロも体重が減ってしまった。
「痩せたんだから良いだろう」
という人もいるけど、あまり急激に痩せるのも怖い。
しかし病院に行くのも今は危ない。
コロナウィルスに感染する可能性もあるので
我慢をしていた。

つづく。
comments (2) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
<<<<< 2020,Apr >>>>>