日本で唯一の屋根に椿の木を植えた店舗から作家、社長、杜氏である谷口英久が綴る抱腹絶倒の「Blog」
嬉しかったこと、ひとつ。
24/Oct.2020 [Sat] 20:47
エアープランツという植物があって
近所の花屋さんで安く投げ売りをするように売っていたので買ってみた。
水をあげなくても育つというもので
けれども何週間かに一度は水に浸けておく必要があるのだそうだ。
これを三株買って家に持ち帰った。三株買っても千円もしないくらいの
値段だった。
水は要らないと言うけれど、どんなふうにしたら良いのか
わからなかったので、何日か机の上に置いて眺めてみた。
すると植物の下の方から根が出ているのに気がついた。
そこでグラスに水を入れてこのエアープランツの根が浸かるように
置いてみたというわけである。
直射日光は嫌がるらしいので
窓から少し離れたところに置くことにした。
一月ほどすると根を水の中に伸ばし始めた。
さらに二週間置くと、一つの株には花の蕾が付いて、芯が赤くなり始めた。
おおー。お前さん花が咲くんだ。
ここが気に入ったんだね。
そう思っているうちに紫色の花が咲いた。
水は二週間に一度くらい、夜に水を少しかけてあげることにした。
それぞれが元気で、みんな葉を伸ばしている。
花が咲いたエアープランツはもう本当に大喜びと言った風情で
葉を大きく広げて、買ってきたときとはまったく違う
ものになった。
初めは元気がなくて、ちょっと枯れかかっているような
葉もあったのに、今では見違えるように元気になった。
これを見るとぼくも嬉しくなる。
元気なものを見るのは楽しい。
ありがとうね、とこのエアプランツに声をかけた。
comments (0) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
ボクシングの選手のようにゆらゆらと。
16/Oct.2020 [Fri] 14:50
仕事場の台所から、窓の外を見ていた。
窓の網戸にカマキリが一匹とまって
ゆらゆらと揺れているのが見える。
何かを狙っているのかな? と思って
目を凝らすと、ハトムシがその先にいるのが見えた。
そうか、あれを狙っているんだ。
カマキリは自分の鎌を折り曲げて
ボクシングの選手のようにゆらゆらを繰り返している。
そんなに動いたら、獲物が逃げてしまうんじゃないか?
と思うけれど、そうでもないらしい。
少しずつジリジリとハトムシに近づいている。
突然、カマキリは鎌を広げて、ハトムシに襲いかかった。
その瞬間、ハトムシは逃げてしまった。
ああ、残念だったねえ。
もう少しで捕まえられるところだったのに。
自分も暇だと思うけれど、こういう虫たちの
攻防戦を見ているのは飽きることがない。
ハトムシの勘の良さにも驚いた。
まあ囚われてしまえばそれっきりとなってしまう。
すごいもんだなあ、と拍手を送りたくなった。
comments (0) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
和三盆の美味しさがわかる年頃。
13/Oct.2020 [Tue] 14:51
涼しくなってからまた暑い日があると
蚊がものすごく出てくる。
小さな蚊で、これに噛まれると痒くて仕方がない。
タイで昔買った蚊除けのクリームがあってこれが効くけれど
この小さな蚊は、少しでも塗っていないところがあるとそこをを狙って
血を吸いにくる。
そこにオカムシが遊びに来た。
おおー、オカムシちゃん、良いところにきたね。
お茶でも淹れようかと思っていたんだよ。
今日は和三盆があるけど、食べるか?
と聞くと大好きだというので
お茶を濃いめにして出す。
「なんか痒いぞ」
とオカムシ。
おお、そうだった。
すぐに蚊取り線香を焚くからね、と言っている間に
もう蚊にずいぶん刺されて
ふっくらした腕があちこち腫れてきていた。
キンカンを塗りなよ、と言って差し出すと
「おお、キンカンか」
と言って懐かしそうな顔をしている。
オカムシちゃんは蚊のいない、冷房の効いたところにいるので
(たいていの人はこういう暮らしをしている)
うちに来るともの珍しいものがたくさんあるのだろう。
それにしてもこの和三盆は美味しいよな。
知り合いのお寺さんから貰ったんだけど
若い頃にはこの旨味はわからなかったよね、
と言いながら和三盆を口の中で溶かした。
渋めのお茶が身に染みる午後のひと時であった。
comments (0) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
とにもかくにも応急措置。
07/Oct.2020 [Wed] 13:38
ツバキ城の二階の窓の桟が腐っていることに気がついた。
ここは水が掛かるので腐りやすいんだろう。
なにしろ毎朝晩、屋根から水を撒くのである。
腐っていることに気がついてからも自分の具合が悪かったので
放置してあったけれど、台風が来ると水が中に入り込むので
修理することにした。
大工さんに頼めば良いと思っていたけれど
大工さんは忙しくてなかなか来てくれないのである。
それで自分で応急措置だけでもしてみようと
思い立った。
ちょうど良さそうな材木の切れ端をあてがってみると
これがうまくはまりそうだった。
それならと思ってノコギリで切って、ネジで止めてみると
あら不思議、直ってしまった。
少なくとも窓の開閉はできるようになった。
気を良くして、次の日は外からの修理をしてみた。
水が掛かっても良いように、桟を漆喰で塗ってみようと思った。
漆喰では弱いので、そういう時には
これが効くんですね。
エクセルジョイントというのだけれど、固まると水にも強く、強度もある
万能の商品である。
これをボンドで溶いて、コテを使って塗ってゆく。
うまくいった。
しばらくは大工さんを頼まなくても大丈夫だろう。
また台風が一つ生まれたらしい。
九州に行くか、という予報だったけれど
やっぱりこっちに向かってくるという。
そうでしょうね。
大陸の高気圧に押されて、元気よくこっちに向かってくるのだろう。
嫌だけど仕方がない。
壊れたらまた直そう。
大工仕事もずいぶんできるようになった。
応急措置で良いんだ。
一生、それでやり通すことだってできる。
人生応急措置。
良いなあ、このフレーズ。
左右の銘はなんですか?
人生応急措置。
なにしろ笑えるのが良い。
comments (2) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
トウキビとビーツ
05/Oct.2020 [Mon] 15:03
札幌に住む親戚からトウキビが送られてきた。
トウキビと言うと聞き慣れないけれど
トウモロコシのことをこう言うらしい。
箱にそう印刷してあるのが面白い。
ちなみに鳥の唐揚げのことは
ザンギと言うのだそうだ。
このトウキビにも種類が色々あるらしくて
今回は三種類送ってくれたと言う。
控えておけば良かったのに
家に帰るともう忘れてしまって
食べた後にそう思った。
しかしどれも粒が張り詰めたように漲っていて
口にすると甘い。
これを茹でて食べるのが毎日の楽しみである。
ビーツも送られてきて、これはなんと言ったら良いのか
知らない人に伝えるのは難しい食べ物である。
茹でると紅い汁がうっすらと滲んでくる。
甘みのある、コリコリとした食感で、
家ではニンジンと一緒にサラダにして食べる。
夜に食べきれないと、そのまま翌朝の味噌汁の具になるけれど
紅い味噌汁になるので見た目が綺麗だ。
というわけで昨夜の夕食は
ビーツのサラダとトウキビが一本。
肉好きの人には信じられないような質素な夕食だけれど
我々にはこれで充分だ。
夜は寝るのだし、そんなに食べなくても良いのである。
食べすぎると夜中に苦しくて目が覚める。
これじゃあ太れないけれど、まあ、こんなもんだ。
痩せたいという人が居候したら
一月でずいぶん変わることだろう。
朝は玄米のお粥と味噌汁。
昼は玄米のご飯と野菜のたっぷり入った麺。
夜は野菜のみ。
近頃は昼に焼き魚を食べるようになった。
これがまたお昼の愉しみである。
comments (0) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<<<< 2020,Oct >>>>>