日本で唯一の屋根に椿の木を植えた店舗から作家、社長、杜氏である谷口英久が綴る抱腹絶倒の「Blog」
不思議な夢。
24/Oct.2021 [Sun] 21:27
夢の中に写真家の中川道夫さんが出てきた。
中川さんとは昔、中国の昆明を旅している時に知り合った。三十六年も前のことである。
当時はホテルの最上階にベットだけがたくさん並べてあるドミトリーという安く泊まれる部屋があって、そこで一緒になった。
歳は中川さんの方が上だけれど、気が合って、昆明の街をよく一緒に散策した。
散策している途中で、子供の大道芸があり、その子は腕にナイフを刺して人々に見せていた。
そしてその手で見ている人にお金をもらおうと手を差し出した。
そのときちょうどお金を持ち合わせていなかったのでそばにいた中川さんに「ぼくの分も一緒に払ってください。あとで返しますから」とぼくは言った。
中川さんはこれが面白かったらしく、その後もこの話を何度もした。何が面白いのかぼくにはわからなかったけれど、とにかくぼくは変わっているらしかった。
一緒に歩いているときにぼくが撮る写真の被写体を見ては嬉しそうに笑って「あなたの撮るものは面白いね」とも言われた。
当時はまったく無名だったので、中川さんにそう言って貰うと誇らしいような不思議な気持ちになった。
そのずっとあとで書くことになる一円大王の連載もすごく褒めてくれた。
(生まれて初めての連載も中川さんの紹介で美術出版社の雑誌でさせて貰えることになった。それは「美術館探訪」というコーナーで毎回書く人が違うものだったけれど、ぼくが書いてそのコーナーは終わりになる予定だったらしい。ところがその原稿を書かせてもらったあとで、反響があり、そのあとも書かせて貰えることになった)
中国から日本に帰ったあともアパートが近いこともあって、ときどき中川さんのところに遊びに出かけた。
その中川さんが夢の中に出てきて、中川さんの秘書をしている女性が、ぼくにお祓いをしてくれるという。(実際に中川さんに秘書がいるのかどうかは知らない。とにかく夢の話である)
(どうかなあ?)と思いながらベッドに横になると、その人が人差し指をぼくの肩に付けた。
すると身体に電気が走ったように痺れて、背筋が冷たくなった。
ぼくには生き霊が憑いていたけれど、それをすべて祓ってくれたのだそうだ。その生き霊の名前も告げられて、たしかにと納得がいった。
これからはなんでも上手くいきますよ、と言われてありがたい気持ちになったという夢である。
それが印象に残って、手帳版の日記にもそれを書いた。
するとその日のお昼頃になって中川さんからファクシミリが届いた。
もう十年以上連絡を取っていないので、ものすごく驚いた。
中川さんはウェブ上で街歩きの連載を始めたので、それを読んで欲しい旨のことが書いてあった。
それで懐かしくなって思わず電話をして、今朝見た夢の話をした、という訳である。
不思議なことだけれど、こういうことってあるな、と思う。
中川さんは少し気味悪がっているようだったけれど、そこから始まって、お互いの近況を話し合った。
中川さんの著作で中国の上海を撮った「上海双世紀」(岩波書店)は大好きな本で、本棚から出して時々眺める。当時の上海の空気が濃密に写真に写っていて、街の音や人の声まで聞こえてくるような気持ちにさせられる。
中川さんの新連載は街を歩く話で第一回目は三浦海岸の話だ。写真家だけど中川さんの書く文章にも味わいがあって、読んでいると知らないこともたくさん出てくる。(そのアドレスを貼っておきますので、これを読んでいる方もぜひ覗いてみてください。
気に入ったら下にあるハートマークを必ずポチッと押してください。そうすることで中川さんの連載が長く読めるのだそうだ。)
お祓いに行かなくとも、夢の中でお祓いが出来たことは自分でも面白いと思うけれど、そこに中川さんが出てくるということは、やはり心の奥深くで中川さんを信頼しているということなのだろう。
それが巡り巡って夢と現実がリンクするということも、とても意味のあることなのだと思う。
生きていることはとても不思議だ。
https://note.com/honno_hitotoki/n/n81d5232cc4a3
comments (0) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
毎日ユラユラしている。
23/Oct.2021 [Sat] 12:07
渡合温泉から何やら郵便物が送られてきた。
細長い箱で、その上に
「これは何でしょう?」
とマジックインキで描かれている。
ぼくと妻がユラユラしている絵も添えられていて、しばらく考えてしまった。
しかし考えてもまったくわからないので封を開けてみると、中には棒が一本入っている。
木刀かな? とも思ったけれど、丸い棒を縦に半分に切ってあるので、それに意味があるのだろう。
さあ、これを読んでいる人はわかりますか?
丸い棒を縦に半分に割ったものが一本送られてきました。
それは何をするものでしょう?

ぼくにはわからなかったのでおかみさん直筆の手紙を読んでみた。
(美しい字と文章で読んでいると気持ちが真っ直ぐなる手紙だ。)
するとこの棒の丸い方を床に置いて、その上を歩いてバランスを鍛えるものなんだそうだ。
うーん、そうか。
渡合温泉に行くと、いつもこういう遊び道具が置かれている。
今年の流行はこれで、ご主人の俊ちゃんは毎日これに乗っているのだそうだ。
今年も遊びに行けなかったので、これをわざわざ送ってくれたらしい。(焼酎を送ったのでそのお返しの意味もあるのだろう)
早速床に置いてその上を歩いてみた。
一歩も進めずに棒の上から落ちてしまった。
妻にもやらせてみるけれど、やはり同じく歩くことはできない。
うーん、これは難しいぞ。
ということで、家に持ち帰って、風呂上がりに毎日この上に乗って練習することになった。
お酒を飲んでからやるとまるで話にならないので、飲む前にやることにした。
妻は3歩も進めるようになったけど、ぼくはせいぜい進んで一歩といったところ。
やっていると、渡合温泉のご主人やおかみさんと話しているような気分になる。会えなくともこういう交流もあるんだなぁ、と思いながら毎日ユラユラしている。
comments (0) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
もういや、こんな生活。
15/Oct.2021 [Fri] 17:31
代車で借りた車のアンテナが伸びていて、これに気がつかずに家まで帰った。
家の入り口には大きなシュロの木があって、バックをした時にこのシュロの枝にアンテナが引っかかって折れてしまった。
うう、これはいけない。
気がつかずに乗って帰ったのだから、自分の責任だ。
しかしこの修理代も取られるのは辛すぎる。
家に帰ってからガッカリしていると妻がそれを見て「色々大変だね」と声を掛けてくれた。
「もう嫌、こんな生活。あたし、実家に帰らせていただきます」と言うと妻はそれが面白いと言って笑っている。
懐かしいなぁ。小松政夫のギャグで中学生の頃に流行った。
妻はこういうものをほとんど知らないので、何か言うとやたらと面白がって笑ってくれる。
でも、冗談でもこういうことを言って笑うと、気が晴れるから不思議だ。
ま、いいや、自分が壊したんだから正直に謝ってお金を払おう、と思った。
翌日になって修理工場の社長が車を取り替えにやってきた。
一通り直した箇所の説明をしてくれる。
そこですかさず「アンテナが折れちゃった。ごめんなさい」と自分の家の状況を説明しながら言ってみた。
社長は「ええーっ!」と言いながら「これじゃラジオが聞けないよ」とブツブツ言っていたけれど、許してくれたのか、それ以上のことは言わなかった。
走った分のガソリンは昨日入れておいたのだ。車検がいつ終わるのかわからないけれど、とにかくいつ来ても良いように、毎日入れておこうと思って、とりあえず昨日、二日分のガソリンを入れておいた。
アンテナの修理代は取られることなく、車検も終わった。
やれやれ、助かった。
正直に言うことは大切ですね。
人生何が起きるかわからない。その都度真剣に対処するしかない、というのが長く生きてきてわかったことだ。
そんなに大袈裟に言うか? って?  いやいや、これほどの真理はないですよ。下手に隠そうとすれば、後でことが大きくなって自分に返ってくる。その場を逃げるなんて、不器用な自分には考えられない。
というわけで今日からまた自分の車で家に帰れる。
comments (2) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
それぞれがプチ刑事
08/Oct.2021 [Fri] 10:47
乗っている車が車検になって、修理検査のあいだ、代車を借りることになった。
車に関しては新車は買ったことがなくて、いつも中古車を探して貰って乗っている。
探して貰うので車種も選べないし、車の色も選べない。
自分の希望する金額を告げるだけだ。
新車を買うほどお金に余裕があるわけでもなく、欲を言えばキリがない。
それに焼酎の瓶を運ぶためには軽のボックスカーでないと都合が悪い。新車の軽でも今は高いし、それに大島は塩ですぐに錆びる。
車もよくぶつけるので、新車をぶつけたり擦ったりするとショックも大きい。
そんなわけで中古車にいつも乗っているというわけだ。
昔は人が廃車にしようとしている車を貰って乗っていた。
しかしそういう車は修理代も掛かるので、まあ程度の悪くない中古車を買うことに落ち着いた。
歩くのは好きだけど、大島では車がないとどうにも仕事にならないからだ。
今乗っているのはスバルのボックスカーでこれは力があって気に入っている。
オートマも好きではないので、マニュアル車を探して貰ってそれを買った。
島は坂道が多いので、そういう道でもトップで走れるような車となると、選択肢は限られてくるわけだ。
それで代車はスズキエブリのオートマを借りた。ところがこの車は力がないし、燃費も悪い。まあ何日かの我慢なので、これに乗っている。
すると早速隣のおじさんがやってきて「車はなぁしたアよ?」と聞かれた。
つまりどうして車が変わったのか、ということを聞かれたので、車検で代車を借りたんだよ、と説明した。
山を歩いているとよっちゃんが車でスルスルっと寄って来て、「車が違うからいないのかと思った」ということ。
ムカゴを採ったから工場に寄ろうとしたけれど、車が違うので躊躇したのだそうだ。
みんなよく見ているなあ、と感心した。
田舎は人に見られているから嫌だ、という人もいるけれど、こうしたちょっとした変化に敏感だからこそ、犯罪も防げる。
みんながプチ刑事になることで近所の人の動向を知ることが大切なのだ。
そんなわけで無事にムカゴを貰った。今季初めてのムカゴだ。
車はもう八年も乗って、次の車検は「どうかなぁ?」と修理をしてくれているおじさんに言われた。
今乗っている車はすでに廃盤で、マニュアルで力のある軽となるとなかなか無いということ。
ま、どうにかなるさ。
心配しなくとも世の中には車は沢山ある。
ただ自分のこだわりがあるとその選択肢が狭まるというだけだ。
自分で選べないのだから来た車を乗りこなすしかない。
なんでもそうだよな、と思った。
お金に余裕があるのなら別だけど、そうでなければ我慢をして慣れるしかないのである。
あと二年の間に次の車を探すこと。
楽しみが増えたと思って探すことにした。
comments (0) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
竜巻か突風か。
07/Oct.2021 [Thu] 15:27
先日の台風では工場の屋根を剥がされた。
突風が吹いたのかトタンが二枚、折り紙のように綺麗に折られている。
目立つところなので近所の人に「やれなあ」
と、言われる。
やれなあ、というのは、大変だなぁ、というような意味合いだ。
うちと、ここから50メートルくらい離れた床屋さんの軒先がやられて、他の家はなんともない。
風の経路があるのかな? とも思うけれど、自然のことはわからない。
でもこのくらいなら自分で修理出来るのでやれやれ、と胸を撫で下ろした。
今日、太陽が隠れていたので大急ぎで屋根に登って修理をした。直射日光は目に良くないので、日差しを避けたかったのだ。
屋根の被害は思っていたほどひどくもなく、一時間ほどで綺麗に直せた。
これで一安心。
以前は自分には修理なんて出来ないと思っていたけれど、何でもやってみるもんだなぁ、と思っている。
comments (2) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
<<<<< 2021,Oct >>>>>