日本で唯一の屋根に椿の木を植えた店舗から作家、社長、杜氏である谷口英久が綴る抱腹絶倒の「Blog」
祖父の五十回忌。
29/Jun.2022 [Wed] 14:14
祖父の五十回忌の法要をした。
仰々しい言い方になってしまったけれど、祖父が亡くなってから五十年が経ったのである。
お坊さんに言わせると五十回忌の法要をするというのは、なかなか出来るものではないということ。
そうだろうなあ、と思う。
祖父の娘である二人の伯母が「どうしてもやりたい」ということで、日曜日にお寺で拝んで貰ったのだ。
といってもまだコロナ禍で集まったのは近隣にいる親戚のみ。
伯母さんは96歳と90歳。
この二人がとにかく元気で、この五十回忌を目標に頑張って来たという。
見た目には元気だけど、二人とも「とにかくこの法要が済めば安心」なのだそうだ。
祖父は18歳でシアトルに渡り、それから英語を覚え、苦労の末にソーダ会社を設立するも排日運動に遭って会社は倒産。今から約100年前のことだ。
それからまたこの大島に戻ってきた。
祖父がそのままアメリカにいれば、我々子孫も今こうしてお寺で法要をしていないわけで、そう考えると不思議な気持ちになる。
会社が倒産した後、祖父はシアトル郊外の製材所で働いていたらしい。
借金を抱え、木を削る大きな電動ノコギリの中に飛び込んでしまおうと何度も思ったという。
それを90歳になる叔母が話してくれた。
しかしそれを思いとどまったお陰で、今、我々子孫はここで暮らしているというわけだ。
法事が終わって靴を履くと、なんだか変で、見ると靴底が剥がれていた。つま先だけがくっついていてなんとか歩ける、という状態だった。
お墓まで卒塔婆を持っていかなければいけないけど、なかなか難しい。それで足を引きずるようにして進んでいると、従兄弟に「足が痛いの?」と聞かれた。
「いやそうじゃなくて靴が」と言って底が剥がれてしまった革靴を見せると、みんなが大笑いをしている。
久しぶりにこの黒い革靴を履いたので、パッカリ取れてしまったらしい。
「なんだ、靴を買うお金がないのか?」と従兄弟にからかわれた。
すると伯母さんが
「貯金をおろして買ってあげる」と言ってくれた。
伯母さんありがとう。
おじいちゃん、無事に五十回忌の法要も終わりました、と空を見上げた。曇り空にお線香の煙が立ち上って、すぐに見えなくなっていった。
comments (0) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
やったねジョバンニ。
24/Jun.2022 [Fri] 5:46
イタリアの友人、ジョバンニが「新しいアルバムを出したよ」とメッセージを送ってくれた。
ジョバンニのことは以前の日記にも書いたけれど、お土産にウンコ石鹸(ウンコの形をした茶色の石けんを東急ハンズで見つけた)を持っていったらもの凄く喜んでくれた。
しかしそれをアンナの家の食卓に置いたので、我々二人は怒られてしまった。
「だってこれは石けんなんだよ」と説明してもアンナの怒りは収まらず、「早く退けて」とものすごい剣幕だった。
面白かったねえ、と今でも思い出す。
そのジョバンニがアルバムを出したのだ。
以前から友だちと二人でアルバムを出していたのは知っていたけれど、一度聞いて、それっきりという印象のものだった。
しかし今回のアルバムはジョバンニが一人で作ったらしく、個人の名前で出している。
そのアルバムの記事がイタリアの地元の新聞でも取り上げられたのだそうで、それも一緒に送ってくれた。
アップルミュージックでも、他のアプリでも聴けるから、聴いてみてくれよと書いてあり、早速聴いてみた、というわけである。
今回は「橋」をテーマに曲を作ったらしい。
ミャンマー語でタイトルが書いてある曲を開いてみると、これが素晴らしい。
お世辞抜きで良い感じだ。
おお〜ジョバンニ。頑張ったね。
ジョバンニも旅が好きなので、世界を旅しては「橋」に想いを寄せていたのかもしれない。
近所ならすぐにお祝いをするんだけど、今はイタリアにも行けない。 
とにかく素晴らしい出来のアルバムとなった。ブラボジョバンニ!

https://band.link/bridges_slm
comments (2) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
ご近所の若夫婦
09/Jun.2022 [Thu] 9:30
裏山に歩きに行くと、いつも決まった場所にキジのメスがいて地面を突いている。
キジはまるまる太っていて見るからに元気そうだ。
我々夫婦がそこを通り掛かってもまるで気にせず、堂々として地面を突いている。
その辺りはY中さんの家の近所なので、Y中さんにキジのことを聞いてみた。
すると、この三年くらい夫婦で住み着いていて、子供もいるという。
その言い方が若夫婦に土地を貸している大家さんみたいで笑ってしまった。
キジの旦那さんは、これまた立派な紅い色の顔に羽根が蒼く光っている。
目も良いらしく、キョンの罠である網にも掛からない。
キョンの網は黒くて見えにくいために大きな鳥はそこに引っかかって死んでしまうことが多いのだけれど、キジの旦那さんは冷静にこの網を見ていて、そこを避けて歩いている。
これなら安心だね、と妻と話した。
キジの子どもはまったく見かけないけれど、巣か、母親の近くにいるのだろうか。
とにかく、こうしてキジの家族は見る限りのんびりと暮らしている。
地面にどんな栄養のあるものが落ちているのか、我々には見えないけれど、とにかく何かを黙々と啄んでいる。そのおかげで丸々と太っている。
素晴らしいことではないか、とキジの奥さんを見るたびに思うのだ。
こんな楽園に居られることは本当にありがたいことだ。
comments (0) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
<<<<< 2022,Jun >>>>>